我流天晴

Home > 手帳・文具系雑記


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

多色or多機能ペンであることに縛られずに使う

仕事や手帳に便利な筆記具といえば多色or多機能ペン。個人的にはペン種や色を変えて書くということをほとんどしないので重宝することは少ないのですが、それでも何本かは持っています。

ま、ほとんどのものは過去に個別にご紹介しているんですが、今回改めてまとめてみました。

DSCN7066.jpg
まずはこちらが多色ペン。

左(上)から
BICのシャイニー(2色ボールペン)
・ほぼ日手帳2010のおまけでもらった三菱のジェットストリーム(3色ボールペン)
・某社のノベルティでもらったパイロットのFEED GP3(3色ボールペン)
BICの4色ボールペン(オレンジが0.7ミリ ブルーが1.0ミリ)



DSCN7070.jpg
で、こっちが多機能ペン。

左(上)から
無印の「なんちゃってシャーボ」(2+1)(同じものが2本)
モニターでもらったトライストラムスのSMOOTHSTYLE(2+1)
トンボのZoom L102(2+1)
三菱のジェットストリーム4&1(4+1)

というわけでそれぞれ5本ずつの計10本持っているわけですが、ほとんど使ってませんねぇ・・・(^_^;)
中にはもらったペンもありますが、基本的には自分の意志で手に入れたペンですからね。こちらの記事にも書いたように多色or多機能ペンであることに縛られず(こだわらず)、単機能として使っていくのがオイラには合っているのかもしれません。機能を使い切れないよりもペンそのものを使わないほうがもったいないですし、デザインの良いものはそれだけで使う価値がありますもんね♪

書くっ!!

ここ数日は忙しくて簡素な記事が続いていますが、そういう時は手帳やノートも空白になりがちでストレスが溜まります。と言ってもこのストレスは空白に対するものではなく、書きたいのに書けないというストレス。

手帳・ノート・筆記具が好きなオイラですが、結局それらは書くための道具。あれだこれだとこだわるのも気持ちよく書きたいからなんでしょうね。つまりオイラが求めているのは「書く」ということ。幸い今日は時間が取れそうなので、書いて書いて書きまくろうと思います♪

カンタカルタ総選挙の結果が発表されました♪(オススメ手帳診断あり)

2014年版から新登場した「カンタカルタ」は当初オイラも買おうと思っていた注目手帳。そのカンタカルタの総選挙がJMAMのFacebook内で開催され、7000名以上の投票による結果が出ました!

栄えある1位に輝いたのは・・・、アレですよ、アレ。オイラが買うならコレだと言っていたアレ!

というわけで、ご興味のある方はチェックしてみてください。(5位までが発表されています)

ちなみにそれを見てもどれにしようか迷ってしまう方は、結果発表ページ内に「オススメ手帳診断」へのリンクが用意されてますのでぜひご利用ください(^O^)/

カンタカルタ総選挙 結果発表!

うさぎの「筆箱」見つけた♪

DSCN6740.jpg
こちらは「ミシンうさぎ」で知られるCOBUのロゴ。


DSCN6747.jpg
部屋を片付けていたら、2009年に買ったペンケースの空き箱が出てきました。


DSCN6734.jpg
じゃあ、これは?


DSCN6727.jpg
正解は鎌倉銘菓「半月」の空箱。同じく片付け中に出てきました。


DSCN6724.jpg
というわけで、現在レギュラーから外れているシャープペンを入れました。

今までは複数のペンケースに分散収納していたんですがそれではやはり不便なことが多く、一つにまとめて保管したいと思っていたのです。しかしこれだけの本数を収納できるものとなると100均で売っているフタ付きプラケースくらいしか思いつかない。そんな中で見つかったこの空箱はオイラにとって「筆箱」以外の何物でもありません(^^♪

と、今回はたまたま空箱が見つかったわけですが、オイラは半月を近所で買えますし箱のサイズも数種類あります。しかもそんなに高くない。なので今後また箱が欲しくなったら半月を買うという手もありますねぇ。ついでに(?)お菓子も食べられるし(*^_^*)

ちなみにCOBUの方もペンケースの空箱なので筆箱として使うのに最適なサイズであることは言うまでもありません。深さもそこそこありますから、こっちにはボールペンでも入れようかな。(さすがにCOBUは箱目当てでは買えないので大事に使わないとw)

ビジネス手帳の選択基準

10月も終盤となりました。オイラは既に購入済ですが、手帳選びはこれから年末にかけてがピーク。店頭にも各社の手帳が並び、賑やかになってきます。

DSCN6438.jpg
さて、こちらはオイラの2014年手帳。当ブログを定期的に訪れていただいている方にはお馴染みの「NOLTY 能率手帳ゴールド」です。(画像はレビュー記事に使用したものを流用(^^ゞ)

画像のとおり、オイラにとっては2014年版で3冊目となる能率手帳ゴールド。趣味用途に使う手帳は毎年のように変わっていますが、スケジュール&ToDo管理に使う手帳は迷うことなくコレです。

来年で3冊目、つまり現在は2冊めを使っているわけですが、使い勝手は1冊目以上。たぶんそれは「慣れ」によるものだと思うんですが、この「慣れ」というのは手帳の使い勝手を左右する要素として無視できません。特にそれがビジネス用途であれば尚更。

もちろん手帳を変えることは心機一転にもなりますし、今使っている手帳に不満があれば変えて当然なんですけど、やはりビジネス手帳を選ぶ際にはそれがずっと使い続けられるものであるかどうかという点も選択基準の一つに加えておくことが大事だと思います。

2015.7.1
NOLTY公式通販サイトリニューアルにより、リンク先URLが変わりました。お手数ですが各商品情報はこちらから検索してください。