我流天晴

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 文具 > 手帳・文具系雑記 > ノート道は深い!でも楽しい!!


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • スポンサーリンク

ノート道は深い!でも楽しい!!

先日使い始めたトラベラーズノートも一週間を過ぎましたが、今日まで一日も欠かさず使っています。用途としてはイラストと文字で綴った絵日記的な用途で落ち着きそうです。

で、絵の下手なオイラがイラストなんてものを描いている事自体が自分でも驚きなんですが、そういうノートにしてみて気付いたことがあります。それは配置の重要性。どこにイラストを置き、どこに文字を書くかで、全体の印象が大きく違うんですよねー。これまではただ罫線に沿って文字を綴るだけのノートばかりだったので、今回まっさらな無地ノートにイラストと文字を描く(書く)ようになって初めてそれを実感(痛感)しました。

また、イラストがノートに対する姿勢も変えてくれたような気もします。「誰かに見せるわけじゃないんだから」と思いつつ、それでもキレイにとか、カッコ良く書きたいという気持ちがどこかにあって、妙な力が入っていたと思うんですよね。「ノート歴」という点だけで言えば決して短いわけではないですから、変なプライドもあったかもしれません。でも今回は自分が下手だと自覚しているイラストを描くわけですから、自分でも無意識のうちに「初心者モード」になれたんでしょう。そしてそれによって妙な力みがなくなり、つまらないプライドも捨てられたような気がします。

うーん、「ノート道」ってのは深いですねぇ。そして、新たな世界に一歩を踏み出すってのは新鮮で楽しいですね。「初心にかえる」というのはなかなか難しいものですけど、そういう場合は「初心者になってしまう」のもひとつの方法かもしれません(*^_^*)

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。