我流天晴

Home > 革製品 > ペンケース > 日本の夏。物欲の夏。


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

日本の夏。物欲の夏。

野原工芸の漆塗りボールペンが届いてからというもの、密かにペンケース探しが続いているオイラ。いや、ペンケース自体はいくつか持っているんですが、どれも複数のペンを無造作に放り込むタイプのものばかりなので、「傷からの保護」を考えると不向きなのです。なので漆塗りペンを手にしたこの機会に「仕切り付きの3本差し」を入手すべく、日々物色していたわけです。

だけどね、ここへきて「別に傷が付いたっていーじゃん」とも思うようになってきました。そもそも「大切に使う」ということと「腫れ物に触るように扱う」ってのは違うよな、と。

もちろんできるだけ傷は付けたくありませんが、それを道具として使うのであればどうしたって小傷の一つや二つは付くに決まってますよね。どうしてもそれが嫌なら、使わずに飾っておくしかない。ま、「大切に使う」という定義は人それぞれですし、できるだけ傷を付けないように設計されたペンケースが現に存在してるわけですから、それはそれでいいんですが、少なくともオイラはもう少し楽な気持ちで使いたいなと思い始めたんですよね。てか、漆を塗ってない木軸ペンはそうやって2年以上使ってきたわけですし。

というわけで、ペンケースの物色&購入の話は白紙に・・・と、物欲大魔王はなかなかそういう思考の流れにはならないんですよねぇ。





そこでこれですよ、コレ!ナポレオンカーフ ボナパルトペンケースですよ!!(イメージ画像にもピュアモルト使っちゃってるもんなーw)

欲しいのはこれの黒ね!先日購入したL字ファスナーがモーレツに気に入っちゃいましたからね、今度は黒のナポレオンカーフがどうしても気になってしまうわけです。自分でもハッキリと分からないけど、もしかするとこれが欲しいばっかりに前述のような説を唱えて購入を正当化しようとしているのかもしれない(^_^;)

しかし・・・今、デジカメも欲しいと思ってるんでねぇ。そう次々と浪費するってのもどうかと思いつつ、「遅かれ早かれ、どうせ買うんでしょ?」という悪魔の囁きも聞こえ、激しく葛藤中なのであります。

ああ、日本の夏。物欲の夏。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可