我流天晴

Home > 革製品 > 革財布 > 「ナポレオンカーフ ボナパルトL字ファスナー」が届きました!


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

「ナポレオンカーフ ボナパルトL字ファスナー」が届きました!

注文していた「ナポレオンカーフ ボナパルトL字ファスナー」が届きました!




こちらが化粧箱。




で、こちらが本体。革の香りがプンプンしており、ムラやキズがいい味を出してます。さらにこれを使い込んでいくことで、このムラやキズも、ツヤ感も、そして手触りもだんだん変わってくるわけですね。ちなみにヌバックは軽~く爪で引っかくだけで簡単に傷が付くので、そうやって「キズをつけては擦って消す」を繰り返して遊んでます(*^_^*)

さて、内装ですとか革の特徴に関しては既にご紹介してますし、ご興味のある方はココマイスターで直接見ていただいた方が分かりやすいので省略させていただきまして・・・、まずは前記事でも触れたロディアの収納について。

結論から言いますと、新品またはそれに近いNO.11サイズはチト厳しい。てか入らないと言っていいでしょう。オイラはドットパッドの発売を機にロディアをNO.12にしちゃったので、ほぼ同サイズの【分度器ドットコム】オリジナルツバメノートメモで試してみたんですが、これは半分ぐらい使ってあるものなのでうまく収納できました。薄くなっているので、奥の方にぐっと押し込めるんですね。ただ新品またはそれに近い厚みがあると入りきらない。(新品が手元にないので実際には試してませんが)

まあNO.11サイズの収納に関しては、どっちにしてもギリギリだと思ってたので「やっぱダメか」って感じ。要するに小銭入れがジャマになっちゃってるんですよね。(しょーがないよ、財布なんだからw)

というわけで、これにメモを入れるならロディアのNO.10とか、Thinking Power Notebookシリーズの名刺サイズ、フリスクサイズあたりのミニサイズ。ということになりそうです。




さて、こちらはオイラが普段使ってるコードバンの札入と小銭入れ。少なく見積もっても10年は軽く超えてますが、ズボンのポケットに入れていないこともあり、傷みはほとんどありません。ですからまだまだ引退させる気はないんですが、札入と小銭入れが別なのが面倒(不便)だと思うことは確かにあるんですよね。なのでL字ファスナーをちょっとした外出用の「財布兼小物入れ」として使うのも悪くないですねー。前記事では「オイラは今のところ、これを財布として使おうとは思っておりません。」とか豪語しちゃってるけど、コードバンほど気を使わず、ラフに扱えるのも便利だし。

ま、最終的にどんな用途で使うとしても、このコードバンの札入&小銭入れのような長い付き合いにしたいですね。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可