我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > 漆、到着!


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

漆、到着!

前記事に書いた野原工芸のボールペン(漆塗り仕様)が届きました!




ジャーン!こちらがそのペン。

さて、前回はもったいつけて発表しませんでしたが、選んだ樹種はマーブルウッドでした。今回は漆仕上げで杢(木目)がハッキリ出ますから、それ相応のものがいいだろうと思いましてね、瘤種を選びました。さらに漆と杢(木目)のパンチ力に負けないよう、軸は太軸、クリップと口金はゴールドにしてみました。



copyright © (有)野原工芸

ちなみにこちらがレギュラー品。(kazuさん、勝手に画像を借りました m(__)m)




こっちは2009年5月に買った「桑」(細軸・シルバークリップ・オイル仕上げ)との比較。

マーブルウッドの個性的な杢、漆の艶と質感、太軸とゴールド金具の高級感・・・うーん、やっぱりパンチ力というか存在感がありますねぇ。単純に「どっちがいい?」って尋ねれば、ほとんどの人は・・・ですよね。

でもね、オイル仕上げのものにはそれならではの良さがあるわけでしてね、特に木地そのものの経年変化は、漆仕上げでは味わえないものがあります。ま、これは自分で使い込んだからこそ、より一層感じるんだと思いますけど、そんな愛着も経年変化によるところが大きいと思うんですよ。だからそう簡単には「新たにまた別の樹種のペンを・・・」ってなわけにいかず、今回の購入についてもかなり迷ったわけです。




ちなみに買った当時の桑はこんな感じでした。経年変化の大きい樹種だと教えてもらっていたんですが、それにしたってとても同じものとは思えない変わり様です。

まさにこれが自然なままの木地の魅力なのです。(厳密には「自然塗料のオイル仕上げ」)




さて、届いたペンを最初に見たとき、「太軸だから少し短く見えるんだな」と思ったんですが、実際に細軸と比較してみたところ、錯覚ではありませんでした。

木軸部分の長さは太軸も細軸も同じですが、使用部品が違うのでペンの全長は若干異なり、細軸のほうがやや長いです。もちろん使用上は何の問題もありませんけどねw

軸の太さに関しては、今まで使っていた細軸がとても握りやすかったので、今回太軸を選ぶときにちょっと迷ったんですよね。せっかくの漆仕様なのにグリップ感が自分の感覚にフィットしなかったらショックですから。しかも野原工芸のペンの場合、細軸と言ってもそれは分類上のものであって、個人的にはそれほど細いと感じていない(最大軸径:直径約11.4ミリ)ので、ひょっとすると太軸はオイラにとって太過ぎるのではないかと不安だったのです。

で、今日初めて太軸を握ってみたわけですが、まったく違和感なし。もちろん細軸との違いは感じますが、オイラにとって「太過ぎる」ことはなかったです。しかもオイラは細軸は0.5ミリ、太軸は0.7ミリで使うつもりなので、細かい文字を書くときには細軸の方が書きやすいし、ゆったりと長文を書くには太軸の方が向いているといった感じで、かえってうまく使い分けができそう。

ちなみに太軸のデフォルトリフィルはBRFN-10F(A-ink)。このインクも前々から使ってみたいと思いつつ、今回が初めてだったんですが、いいですねぇ、適度な粘り気があって。まあ低粘度という部分にこだわれば、パイロットからは「アクロインキ」が発売されちゃってますが、先日の記事でもご紹介したように、細軸の方をジェットストリーム化しましたからね。そういう意味では従来型油性インクの筆記感を残しているA-inkの方が、ジェットストリームと差別化して使いやすいので、オイラにとっては都合がいいです。

てか、細軸はジェットストリーム、太軸はA-ink、そして軸材は天然木で、しかも自分で選んだ樹種ですよ!最高じゃないですか!




というわけで、最後にオイラが現在持ってる野原工芸の木軸ペンをパシャリ!

上から
パープルハートMP(細軸/シルバークリップ/2010年4月)
桑BP/ジェットストリーム仕様(細軸/シルバークリップ/2009年5月)
マーブルウッドBP/漆仕様(太軸/ゴールドクリップ/2011年7月)
ということで、オイラが野原工芸の木軸ペンを知ってから、1年に1本のペースで増えてます。

果たして今後も増えていくのか、それとも今回で完結になるのかは自分でも分かりませんが、いずれにしてもこの3本はガッツリ使い込んでいきたいですね。いや、使い込んでいきます!

ちなみに・・・
採算が合わなくて無理だと思うけど、0.7ミリのMPがあれば、迷わず買いますよー(^O^)/

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
tangerina : URL

#- 2011.07.01 Fri 22:50

とうとう届いたんですね~( ´ ▽ ` )
マーブルウッドの漆塗り仕様、べっ甲みたいに見えます。
桑も、いい感じに育ってますね♪

メモ魔 : URL Re:

#WeLuLxW2 Edit  2011.07.02 Sat 09:56

長い1ヶ月でしたw
でもその分、いや、それを上回る満足度です(^^)v
マーブルウッドの美しい杢も、漆の艶も、すべて自然が創り出したものですもんねぇ。
驚きというか、感心というか、改めてスゴイなーと感じさせられます。

kazu : URL

#- 2011.07.03 Sun 19:53

無事に届き、気に入っていただけてなによりです♪
マーブルウッドは漆でつやを出すとかなり見栄えが良くなる樹種なので塗っていても楽しかったです。

さて、0.7mmのMPですが、今のところちょっと難しいですねぇ…まとめて数百本買っていただけるなら可能かもしれませんが(^_^;)

さて、年一本ということで来年はどのペンにされますか?ご注文お待ちしてますね~w

メモ魔 : URL Re:

#WeLuLxW2 Edit  2011.07.03 Sun 23:37

初めての漆ペンにただただ感動しております(^^♪
実は前々から狙っていた樹種がありましてね、漆仕様の話が持ち上がったので急遽マーブルウッドに変更してのオーダーとなったんですがとても満足しています。
そんなわけで今後ももう1本、2本と追加注文する可能性は高いのですが、しばらくは手持ちのペンを使い込むことに専念しますw

0.7ミリのMPは、そうでしょうねぇ。個人的には木軸のMPは柔らかめ、太めの芯で書きたい気もするんですが、日本では0.5ミリが主流ですからね。かといってロット注文はできませんし、素直に諦めることにします(^_^;)

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可