我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > ”ペーパーの上をスケーティングする”ような書き心地のボールペンw


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

”ペーパーの上をスケーティングする”ような書き心地のボールペンw

例年に比べると今年の上半期はあまりモノを買わずに過ごしてきたんですが、6月に入ってからポツポツと筆記具を買っております。(高価なモデルではありませんが)



こちらは伊東屋カラーチャートシリーズのボールペン「ペーパースケーター」。ネーミングの由来は「紙の上を滑る」ような書き心地というところからだそうです。

「アクアマリン」で巷の話題になっているラミーサファリに対抗したわけではありませんが、若干のあまのじゃく心に後押しされたようなところもあり、6色あるカラーバリエーションの中から「スカイブルー」を選んでみました。




キャップを外すとこんな感じ。デフォ芯は0.7ミリのゲルで、ペン先はニードルポイント(ニードルチップ)です。0.7ミリのゲルというと一般的な日本語筆記にはやや太めの描線ですが、このペンはちょっとしたメッセージやメモを書くことを前提にしているようですし、紙の上を滑るような書き心地を求めていることからしても、妥当な選択と言っていいのかな。

ただ、個人的にはゲルインクもニードルチップもあまり好みではないんですよねー(;´∀`)

なのになぜ買ったのか。それはまず「キャップ式だったから」というのが一点。利便性ではノック式やツイスト式に劣るものの、やっぱり好きなんですよねー、キャップ式。




そしてもう一つの理由がパーカータイプのリフィルであったこと。これによって「easy Flow」や「QuinkFlow」などの油性低粘度インクを装填してペーパーをスケーティング(ルー語かっw)させることもできるなど、ゲルであれ油性であれ、インク(リフィル)の選択幅が広がります。(キャップの背にある「TAIWAN」の文字も微笑ましく、これもある意味チャームポイントかもw)

さて、肝心の書き味についてですが、ヒジョーに満足!結果的に購入は大正解!!

まずグリップの位置と太さがオイラにピッタリでとても書きやすい。0.7ミリのゲルインクも、なるほどペーパーをスケーティングするようで気持ちのいい筆記感です。ただ、デフォのゲルインクはかなり水性寄りの印象なので、紙によっては裏が気になる場合があるかもしれません。

ま、「水性寄り」なのは個人的に歓迎なので、そうなってくるとこのゲルはこのまま残したくなってきますねぇ・・・。こりゃ、油性用に別色の軸をもう一本買うことになるかも。

ちなみにペーパースケーターのお値段は一本630円。お近くに伊東屋がない方は、伊東屋ウェブショップ伊東屋Amazon店分度器ドットコム等で買えます。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可