我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > シャープペンシルコレクションその31 ぺんてる「graniph/グラニフ x STEIN/シュタイン 限定シャープペン」


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

シャープペンシルコレクションその31 ぺんてる「graniph/グラニフ x STEIN/シュタイン 限定シャープペン」



久しぶりのシャープペンシルコレクションは、ぺんてるの「graniph/グラニフ x STEIN/シュタイン 限定シャープペン」。3/28の記事で発売を紹介し、自分も一本買っておこうかなと思っていたのですが、その後すっかり忘れてまして・・・。数日前にふと思い出して入手しました。




こちらがロゴ部分。型番としては「P305S」(0.3ミリはP303S)となりますが、3/28の記事でもご紹介したとおりベースは「P20*」なので、こちらのモデルですと実質的にはP205となります。




0.9ミリのP209との2ショット(P205は持ってないww)。軸色とロゴが違うだけで雰囲気がずいぶん変わりますね。

最近は軸色や柄を変えただけの限定品や、企業やキャラクターとのコラボモデルを頻繁に見かけるようになりました。ま、こうした企画(戦略)には賛否両論あるところですが、周りの意見に惑わされず(踊らされず)、自分自身が楽しめるか(満足できるか)どうかで判断すればいいんじゃないでしょうかね。

個人的にはライバルメーカー同士のコラボも面白いんじゃないかなーと思ってるんですけどね。例えばフリクションの軸に「白旗あげてるuniのロゴ」が入ってるとか、各社の低粘度インクボールペンの軸に「ジェットストリームを必死に追いかける自社ロゴ」を入れるとか、広い心を持てばいくらでもあると思うんですけどねぇ。(個人的には自虐ネタ系希望w)

ツイッターとかで企業同士の交流もしやすくなっている今日この頃ですからね、その気になればできないこともないんじゃないかなぁ。売れるかどうかまでは保証できませんけどw

【Pentel/ぺんてる】Design Tshirts Store Graniph × STEIN 【限定品】

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可