我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > パイロットの「ダウンフォース」を買ってみました。


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

パイロットの「ダウンフォース」を買ってみました。



先日ご紹介したパイロットのノック加圧ボールペン「ダウンフォース」。どうしようかなーと思っていたんですが、やはり加圧ボールペンを推しているオイラとしては買わねばなりますまい。というわけでゲット致しました。(相変わらず軸色で冒険できないタイプw)

ま、ペンそのものの特徴については先日の記事を見ていただくとして・・・結論から言うと、なかなか書きやすいボールペンです。あくまで主観ですが、同社のオプトの書き味に似ているような気がします。

グリップ部分は金属ローレット・・・ではなくプラスチックローレットとでもいいましょうか、要するにプラ軸にヤスリ状の刻みがあるタイプ。手が痛くなることもなくグリップし、「黒」という色が幸いしてパッと見は金属に見えないこともないw やや太めのグリップ径は、個人的にはもう少し細いほうが書きやすけど、まあ許容範囲内の太さと言っていいでしょう。

気になるのはノックですねぇ。ノック加圧方式ということもあって、ストロークが結構長いです。トンボはその辺も考慮してショートサイズにしてるのかな?ま、そこは我慢できる範囲ではあるんですが、問題は音です。

ノック時にはクリップの下をストッパーが通過する時に、そして解除時にはノックボタンがバネの力で戻る時の音がかなりうるさく、しかもプラスチッキーな安っぽい音・・・。使い込んで馴染みが出てくればいくらかはマシになるかもしれませんが、それでもたぶんこの耳障りな音がなくなることはなさそうな気がするなー。

というわけで・・・「書き味は合格点だけど音がうるさい」というのが現時点での感想。ま、静粛を求められる場所で使わなければ、あとはユーザーそれぞれの感覚(許容範囲)次第かな。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可