我流天晴

Home > 文具 > 筆記具 > パイロットのノック加圧ボールペン「ダウンフォース」


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

パイロットのノック加圧ボールペン「ダウンフォース」



「加圧式ボールペン」ってのはもっとメジャーになってもいいのに・・・と常々感じているオイラなので一応基本的なところは押さえてあるんですが、



今回「満を持して」(かどうかは分かりませんが)、遂にパイロットからも加圧式ボールペン「ダウンフォース」が登場。

皆さんも御存知のとおり、加圧式の構造というのは大きく分けて二通りありまして、フィッシャーのスペースペンや三菱鉛筆パワータンクのように専用の加圧リフィルを使用するものと、トンボ鉛筆のエアプレスのように一般的な非加圧リフィルをノックすることで加圧する方式があります。で、今回パイロットが発売したのは後者のノック加圧式。可動式の「リフトクリップ」を搭載しているあたりも含め、トンボチームですね。

まあ加圧方式の違いは、極限状態で使うのであればいくらかの違いはあるのかもしれませんが、一般的に遭遇するであろう上向き筆記程度であれば、特にこだわるほどのことでもないかもしれません。ただ大きく違うのは、専用リフィルを使うしかない加圧リフィル式に対し、ノック加圧式はリフィルの流用ができる可能性を持っているということですね。(ちなみにリフィル流用についてはたこぶろぐさんに興味深い記事がアップされてます)

そんなわけで今回のダウンフォース発売によって選択肢が増えた加圧式ボールペン。今より少しは認知度&人気度が上がるでしょうか。加圧式ファンとしてはそう願いたいところです。

余談ですが、写真を撮ろうと思って加圧式ボールペンを集めてみたら、パワータンク(スマート)の0.7ミリが行方不明なんですよね。どこ行っちゃったんだろ・・・。

パイロット ノック加圧ボールペン ダウンフォース

2011.6.11追記
パイロットの「ダウンフォース」を買ってみました。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可