我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > MOLESKINE(モレスキン)でもジークエンス360でもなく、「能率手帳 補充ノート」にしました!


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

MOLESKINE(モレスキン)でもジークエンス360でもなく、「能率手帳 補充ノート」にしました!



2011年の手帳とノートは「能率手帳ライツ3」と「ジークエンス360ミニ」の組み合わせでやってきましたが、ジークエンスがあと数ページで終わります。で、再びジークエンスを買うか、数年ぶりにMOLESKINE(モレスキン)に戻ろうか、などといろいろ考えた結果・・・




最終的に選んだのは能率手帳の「補充ノート」。ちなみにコレ、時期を外すと入手しにくくなるので2つ買っておきました。

この補充ノートは30ページノート10冊が1パックで525円。分冊されているとは言え、300ページでこの値段はありがたいですね。しかも手帳用紙を使っているのでヒジョーに薄く、紙質もいいのです。なので今回の選択は決して思いつき(気まぐれ)ではなく、以前からずっと頭にはあったのです。

てか、手帳とノートは一体化したいとずーっと思ってたんですが、いろいろと使ってみたいノートがあったので、ついつい分冊してたんですよね。ま、今回の組み合わせも分冊と言えば分冊なんですが、基本的には能率手帳さえ持っていればOKなわけですから、「手帳とノートの一体化(一本化)」と言っていいでしょう。




一枚目の写真と比べるとかなり貧相に見えてしまいますが、




実際にはこうやって使うわけですから大した問題ではありませんw




補充ノートの紙面は、能率手帳ゴールドや普及版でお馴染みの「クリーム紙 x グリーン罫線」で、横罫は3分割。また各ページはミシン目付きで切り取りが可能なので、いざとなればロディア的な使い方にも対応できますね。(スマートさには欠けますけどw)




ちなみにオイラの手帳は「ライツ」なので、手帳本体にあるメモページの罫線色は補充ノートと違います。ま、その程度のことはどうでもいいんですが、こうして「能率手帳 + 補充ノート」というスタイルを採用し、今まで以上に手帳に触れる時間が長くなることを考えると、どうしても革表紙の「能率手帳ゴールド」が気になってきます。

だけど中身的にはライツ3派のオイラ。そうなるとやっぱりライツの革表紙化を強く望むわけですが、実際には無理でしょうねぇ。そんなわけで来年の手帳はどっちにするか・・・なんてことを、ゴールデンウィーク真っ盛りの今から考え始めてしまったオイラなのです。(^^ゞ

能率手帳補充ノート
能率手帳小型版補充ノート
能率手帳ウィック補充ノート
能率手帳エクセル補充ノート

2015.7.1
NOLTY公式通販サイトリニューアルにより、リンク先URLが変わりました。お手数ですが各商品情報はこちらから検索してください。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可