我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > シャープペンシルコレクションその30 ゼブラ「arbez piirto(アルベス ピールト)」シャープペン


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

シャープペンシルコレクションその30 ゼブラ「arbez piirto(アルベス ピールト)」シャープペン



先日ご紹介した「arbez piirto(アルベス ピールト)」のボールペンに続きまして、今回は同ブランドのシャープペンです。ラインナップは黒軸と白軸の2種で、芯径はどちらも0.5ミリ。デザイン的にはボールペンとほぼ同じですが、シャープペンはクリップレスで、芯の繰り出しはノック式となっています。




口金部分はこんな感じ。スリーブは固定式の一般筆記タイプです。




チャックは樹脂製。

ま、105円ですから贅沢は言えませんw




ロゴとノックボタン(キャップ)。

クリーナーピンはもちろん、消しゴムもナシ。

ま、105円ですから贅沢は言えません(欠点はすべてこれで済ますw)


書き味ですか?

ボールペン同様、デザイン雑貨として考えれば妥当な線だと思いますが、グリップ(特に口金付近)はかなり細めなので、太軸を好む方にはキツイかも。また、先端に行くにしたがって細くなる形状でありながら、滑り止めが設けられていないので、手汗をかいたりすると滑りが気になるかもしれません。

ま、105円ですから贅沢は言えません(しつこいw)

ゼブラ「arbez piirto(アルベス ピールト)」シャープペン

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可