我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > Zoom535は、オイラにとっての万年筆やぁ~(彦摩呂風)


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

Zoom535は、オイラにとっての万年筆やぁ~(彦摩呂風)



先日ツイッターでもチョコっとつぶやいたトンボデザインコレクション「Zoom535」が、昨日無事に届きました。

いやこれ、いいですよー♪

唯一気になっていたのがグリップのラバーなんですが、実際にブツを見て(触って)みますといい意味での硬質感があり、多くの方が想像するであろうベタつき感もまったくなし。すべらない程度にサラサラです。このクソ暑い時期でもこうですから、たぶんオールシーズンOKでしょう。

公表値によれば重量が27.4gあるようですが、数値ほどの重さは感じさせず、バランスも良好。つーか、そもそもそういうことを意識させないといったほうが正解かな。手にしっくりと馴染みます。

フォルムはシンプルの極みで、画像を見ると面白みに欠けるかもしれませんが、実物をみるとその質感がまったく違います。リーフスプリング式のクリップも便利ですね。

デフォ芯は0.7ミリの黒。直液式なのでインクフローもよく、実に気持ちの良い書き味です。たださすがに水性の0.7ミリを手帳に使うのは厳しいかも。なので0.5ミリのリフィルに換装しようと目論んでいたんですが、0.7ミリの気持ちいい書き味でノートにアイディア出しするのを捨てる気にもなれません。今回は黒を手にいれたので0.5ミリ用にシルバーも欲しくなってしまいました。いや、青インクでの使用とか考えるとオブジェクトシリーズに飛び火する可能性も・・・。

ってな具合に妄想と物欲はとどまるところを知りません。今回同様、またヤフオクで新品を爆安落札できればいいなー。

ちなみにZoom535については、あの土橋大先生がAll Aboutでリポートしてますので、そちらもチェックしてみてください。てか、それを前提に今回は写真をあまり載せなかったのですw なのでZoom535の各部をきれいな画像で観たい方もどうぞ。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可