我流天晴

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 文具 > 手帳・文具系レビュー > シャープペンシルコレクションその4 ぺんてる グラフ1000 FOR PRO PG1005


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • スポンサーリンク

シャープペンシルコレクションその4 ぺんてる グラフ1000 FOR PRO PG1005

「手帳とノートのブログ」というタイトルはどこへやら、最近は筆記具ネタばかりになってきましたが、気にせず今回もシャーペンコレクションを続けます。



第4弾はこちら、ぺんてるの「グラフ1000 FOR PRO」(PG1005)。ここまでのシャーペンコレクションからもお分かりの通り、オイラはシャーペンに関しては完全な「ぺんてるバカ」なのですが、そのきっかけになったのがこのグラフ1000なのです。何の飾り気もないストレートな形状ながら、その重量バランスと書き心地は極上の一言に尽きます。こちらは0.5ミリモデルですが、芯径は0.3/0.4/0.5/0.7/0.9があります。




こちらがロゴ部のアップ。ロゴもクリップも芯硬度表示窓も至ってシンプルで「特筆すべきことはない」のですが、実はこれも褒め言葉。使い手に何の意識もさせずに最高の使い心地を提供しているという実にシブい作りなのです。また、ぺんてるシャープの多くがそうであるようにクリップが適度に短いので、手に当たることもなく快適に使えます。クリップ色が黒いのもオイラ好みです。ちなみに画像にはありませんが、消しゴムはクリーナーピン付き。昔は当たり前でしたが最近は少なくなりましたね。




で、こちらがグリップから下の部分ですね。画像では分かりづらいかもしれませんが、この控えめな突起のラバーグリップがまた優れもの。決してベタつくわけでもないのに手に吸い付くようにグリップします。既にご紹介済みの「スマッシュ」とはまったく違う感覚の自然なグリップ感ですので、よほどラバーグリップが嫌いな方でない限りは違和感を覚えることはないと思います。この辺もグラフ1000の「意識させずにさりげなく優れている部分」だと思います。(褒めすぎ?)

口金部分はストレート軸をストンと細くしたような製図用シャーペンの定番パターンで、芯先の視認性も良好です。ちなみにこの口金は単独で買えるはずだと記憶しています。(違ったらスイマセン)

と、そんなわけでこのグラフ1000。人によっては何でこれが1000円もするの?と思うであろうシンプルさながら、その実力は使ってみればわかります。カラフルカラーのLIMITED EDITIONもありますが、個人的には1986年発売以来のロングセラーを続けるオリジナルモデルにこそ価値があるように思いますのであまり興味はありません。ま、この辺は好みの問題ですので深くは言及しませんが、いずれにしても店頭で見かけたら是非手に取っていただきたいと思います。

ぺんてる シャープペンシル グラフ1000 PG1005の仕様(ぺんてるHPより)
●内蔵芯:HB(FOR PRO芯)
●芯径:0.5
●サイズ/重さ:10×9×146mm/11g
●機構:ノック式
●材質/軸:アルミ材、再生ABS グリップ:合成ゴム クリップ:鉄 先金、ノック:真鍮

ぺんてる グラフ1000

関連記事
グラフ1000とスマッシュの比較

2014.2.16追記
ぺんてるのスマッシュとグラフ1000の関係性と違いが明確!

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。