我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系雑記 > 「色彩逢い」で目覚めて「カクノ」に出逢う


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

「色彩逢い」で目覚めて「カクノ」に出逢う

先日買ったパイロットの1000円万年筆カクノ。少し遅れて中字デビューもしましたが、それによって細字の出来の良さを再認識しました。もちろん中字も十二分に満足しているんですが、中字がなめらかなのは1000円クラスでもそう珍しいことではない。それに対してカクノ細字のなめらかさは群を抜いていると思います。それはインクフローや純正ブルーブラックインキとの相性の良さもあるでしょうが、とにかくその書き心地の良さに惚れ惚れ。毎日使っています。(*^_^*)

考えてみればオイラが万年筆に興味を持つキッカケとなったのは、発売から間もない「プレラ 色彩逢い」を店頭で試し書きし、そのなめらかな書き心地を体験したことでした。今となってはお恥ずかしい話ですが、当時のオイラの中では「なめらかに書ける万年筆=高級品」で、安価な鉄ペンはインクフローが渋く、引っかるイメージがあったんですよね。そんな誤ったイメージ(実際そういうのもありますが)を払拭してくれたのが「色彩逢い」だったのです。

あれから早数年、オイラも数本の万年筆を使うようになりましたが、今回のカクノが初めてのパイロット万年筆。色彩逢いでのデビューではありませんでしたが、同じペン先を採用するカクノでパイロットデビューすることになったことに不思議な巡りあわせを感じます。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可