我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > 遅ればせながらパイロットのkakuno/カクノを買いました♪


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

遅ればせながらパイロットのkakuno/カクノを買いました♪

DSCN6972.jpg
予定より少し遅れましたが、宣言通りパイロットのkakuno/カクノを買いました♪

キャップ色で迷いましたが、中字はグレー、細字はブルーにしました。グレーは地味過ぎる(面白くない)気もしたんですが「霧雨」を入れようと思いましてそのイメージに合わせました。

画像にもあるようにボトル&カートリッジインク(ともにブルーブラック)も同時購入。ボトルインクにはコンバーターを使用するのが一般的ですが、実はオイラ、空カートリッジ派なのです。しかしパイロットの万年筆はこれが初めてなので空カートリッジがない。かと言って付属のカートリッジは黒なのでそれを継続的に使う可能性は低く、使えばインク変えの時にペンを洗浄しなければならない。というわけでブルーブラックのカートリッジインクを買ったのです。ま、ボトルインクは差し当たって必要はなかったんですが、安かったのでつい・・・(^^ゞ

で、早速細字の方をカートリッジで使ってみました。なるほどあちこちでレビューされているとおり書きやすいですね。ま、書き味の感じ方は人それぞれですし、そもそもそれを言葉で表現するのは難しいので書き味の感想は「気持ちよく書ける」に留めておきますが、オイラが書き味以上に感じたのは3角グリップがなめらかなこと。ラミーサファリやペリカーノジュニアのグリップは設定された持ち方から外れると握りに違和感を感じますが、カクノのグリップはエッジ(くぼみ)がなめらかなので多少外れてもそんなに気にならない。

もちろんこれらのグリップは正しい持ち方を覚えるためのものですのでその通りに握るのが基本ではありますが、人それぞれに多少の癖というものがありますから一定の範囲内でそれを許容してくれるカクノのグリップは誰にでも握りやすいのではないでしょうか。

ちなみに中字はカートリッジが空かないと使えないのでまだパッケージから出してませんが、細字でもかなりなめらかですので期待できそう。細字のカートリッジが空になり次第、中字もデビューさせる予定です(*^_^*)

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可