我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > プレジールの新色軸「アイスホワイト」を買いました♪(ペン先大当たり!)


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

プレジールの新色軸「アイスホワイト」を買いました♪(ペン先大当たり!)

DSCN6780.jpg
先日、遅まきながら発売を知ったプレジールの新色軸(アイスホワイト/細字)を買いました♪

ちなみに今、1000円万年筆の「旬」と言えばパイロットのkakuno/カクノ。これはオイラも買う気満々でいます。しかしどうも「コレだ!」という軸色(キャップ色)がないためいまだ決めあぐねており、まずは迷いのないプレジールのアイスホワイトをゲットしました♪


DSCN6784.jpg
新色軸では軸色に関わらずシルバーニブを採用。従来モデルのカラーニブもカジュアル感があって悪くはないんですが、個人的には断然こっちの方がいいですねー。


DSCN6821.jpg
インクは付属のカートリッジ(ブラック)ではなく、色彩雫の竹炭を入れました。

今まで買ったプレジール(プレピー)の書き味にも十分満足していましたが、今回はそれを遙かに凌ぐなめらかさ。インクとの相性が良かったこともあるかもしれませんが、ペン先自体が「大当たり」だったようです。ご存知のようにプレジールは1000円万年筆ですが、首軸から下はプレピー(210円)と同じですからね。それを考えるとこの書き味は「大当たり」を超えて「アンビリーバボー」と言ってもいいかもしれませんw

となると、3000円クラスのペン先を採用している「kakuno/カクノ」の書き味がますます気になります。なるべく早く軸色(キャップ色)を決めて購入し、比較してみたいと思います(*^_^*)

2013.11.23
日本メーカー3社の1000円万年筆を比較してみました

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可