我流天晴

Home > 文具 > 2014年版手帳(ダイアリー) > 遂に決定!オイラの2014年手帳は不動の能率手帳ゴールドと、まさかの・・・


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

遂に決定!オイラの2014年手帳は不動の能率手帳ゴールドと、まさかの・・・

悩みに悩んだ結果、遂に2014年用の手帳とノートを注文しました!

まず、手帳の方は「NOLTY 能率手帳ゴールド」。いろいろ悩みましたが、2014年の「手帳」はこれ1冊のみとし、カンタカルタとエディットは見送ることにしました。個人的な決断ですのでそこに至った理由を述べてもあまり意味はないと思いますが、オイラはスケジュール管理を能率手帳ゴールド(ビジネス手帳)でやってますから、日記や趣味などの純プライベートな用途には必ずしも日付が印刷されていなくても、つまり「ノート」でもいいかなと。

で、エディットの代わりにはミドリの「シロクマノート」(A5スリム/無罫)を使ってみることにしました。日付が印刷されていない、1年が分冊されてしまうなど不便になることもありますが、やはり2014年版エディットの新用紙は筆記具との相性に気を使いそうですからね。日付は自分で入れればいいことですし、シロクマノートは1冊200ページありますから1年を2分冊なら妥協できるかなと。紙面が無地(無罫)になるなど、オイラの希望が叶った部分もありますし。

カンタカルタは「興味」と「興奮」が大きかったかなと思います。もちろん使い途があってのことではありましたが、冷静に考えてみるとわざわざ手帳1冊を用意するほどのことではないなと。正直今でも魅力は感じているんですけど、いい手帳だからこそしっかり使わないともったいないですもんね。

というわけで2014年は不動の「能率手帳ゴールド」と、まさかの「シロクマノート」で決定。これにさりげなく便利な「キャンパスルーズリーフ」を加えた3本柱でどうでしょう(^^)v

2015.7.1
NOLTY公式通販サイトリニューアルにより、リンク先URLが変わりました。お手数ですが各商品情報はこちらから検索してください。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
ほなみ : URL

#32kWF9Mo Edit  2013.10.04 Fri 12:23

こんにちは。今年の手帳やノートが決まったようですね。選んでいる時が楽しいですよね。使い始めるのが待ち遠しいでしょう。
確かに日記のように使うのなら手帳でなくてノートで充分だと思います。さらに無罫だと自由に使えていいかもしれません。

私は、「KOKUYO SYSTEMIC A6」の左側に「ORANGE AIRLINES」のマンスリー手帳をはさんで、右側に普通のノートをはさんでいます。
しばらくはこの形で使ってみようと思っています。手帳が9月始まりなのが、ちょっと問題かなとは思いますが。
手帳が店頭に並び始めると買いたくなってしまうため、こういうことになっています。1月か4月始まりが良いのでしょうね。
今回の手帳を選んだのは、ノートページが別冊になっていたからというのが大きいです。もちろん、マンスリーページのデザインも気に入っています。
手帳に内蔵されているノートページは、いままで、ほとんど使ったことがありませんでした。
別冊ノートは保存の必要がないメモなどを書くのに使って、SYSTEMICにはさんであるノートのほうに主に書いていきます。
9月始まりの手帳というのが笑われてしまいそうですが、特に不便は感じていないので、まあ、いいかなと。

こんな感じです。1年間ちゃんと書けたら、もっと手帳を使うのが楽しくなるでしょうね。
私事を長々と失礼いたしました。「シロクマノート」気になるので、使い心地などの記事を楽しみにしております。では。

memoma : URL Re: タイトルなし

#- 2013.10.05 Sat 09:12

ほなみさん、こんにちは。
能率ゴールドとエディットの組み合わせが崩れるとは自分でも想像していませんでした。今回エディットにしなかった一番の理由は新しくなった用紙ですが、最近はドット罫すらもジャマに感じてきたところでしたので、今回「無地コンビ」になったのは必然だったのかもしれませんね。

手帳の始まり月は1月または4月が一般的ですが、それは実務上の都合もありつつ、実は「心機一転」するのに区切りのいい時期だという理由の方が大きいのかもしれません。ですから不便を感じなければ「思い立った時が切り替え時」。何月始まりでもいいと思います(選択肢は少なくなっちゃいますけど)

結局、何をどう使うか(楽しむ)は自分次第。趣味は自分さえ満足できればそれでいい。「我流天晴」でいいのです(*^_^*)

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可