我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系雑記 > 2014年手帳を再検討中


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

2014年手帳を再検討中

今月2度めの3連休。皆さんいかがお過ごしでしょうか。オイラは「限りなく確定」としていた2014年手帳の再検討をしております。

そもそもの発端はエディット2014の裏抜け問題だったのですが、カンタカルタもオッサンが使うには表紙デザイン的に厳しいかなと。シンプルな黒表紙もありますが、それだとカンタカルタの魅力の一部を欠いてしまう気もしますし・・・(^_^;)

実際、現在のオイラの使用状況というのはスケジュール管理に能率手帳ゴールド、日記(ライフログ・雑記など)にエディットを使い、その他はルーズリーフが重宝しているんです。

もちろん趣味や興味としてあんなものやこんなものを使ってみたいとか、より極めたいという気持ちはありますが、ルーズリーフの差し替え可能(機能性)・低ランニングコスト(経済性)・無難な紙質(万能性)という特徴に大きな魅力を感じているのも確かなので、そういった点も含めて「能率手帳ゴールド」以外については冷静になってもう一度考えてみようと。

ひょっとするとオイラにとって必要な「手帳」は能率手帳ゴールドだけで、それ以外はノートでいいのかもしれないなぁ。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可