我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系雑記 > ほぼ日手帳のカバーに「こけし柄」を希望します!


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

ほぼ日手帳のカバーに「こけし柄」を希望します!

ほぼ日手帳2014」のカバーをぼんやりと眺めながらふと思ったんですが、カバー価格1900円(カズンなら2400円)のクラスで「こけし柄」を作ってくれませんかねぇ。もちろん「伝統こけし」の11系統がすべてがデザインされたやつね。例えばコチャエ(cochae)さんとのコラボとか。あぁ、想像するだけでワクワクします、欲しいです(*´ェ`*)

そもそも伝統こけしは農閑期の湯治客に土産物として東北地方で売られていたものなので、季節的なイメージとしてはやはり「冬」なんですよね。ですから1月始まりの手帳カバーとして用意されるのが一番なんですけど、始まり月がどうであれ、手帳は一年間使うものですからいずれ冬もやってくる。だったらほぼ日spring2014のカバーとしてでもいいんじゃないかと。でも自分が買うことを考えれば1月始まりの方がいいから、そうなるとやはり2015年版に期待した方がいいか・・・。

などと、一人で勝手な想像を膨らませてますが、マジで考えてもらえませんかねぇ。「絶対に買う!」という人が既に一人はいるんですけど(^_^;)

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
StationeryPage 管理人 : URL 面白い〜

#- 2013.10.07 Mon 05:14

こけし柄かあ〜
面白いアイディアですね(こけし好きというか蒐集家が芸能人にも居たりするみたいです。たしか、たんぽぽの川島サン。相方の白鳥サンは文具好きだと聞いたことがあるようなないような…たんぽぽとのコラボ企画で企画書を出してプレゼンしてみては???

memoma : URL Re: 面白い〜

#- 2013.10.07 Mon 08:51

ほとんどの人が思い浮かべるこけしのイメージって決まっちゃってると思うんですけど、実際は様々な顔、形、描彩(柄)のこけしがあります。そんな伝統こけしがほぼ日手帳のカバーになって多くの人の目に触れれば、こけしに興味を持つ人が増えると思うんですよねー。そしてそれが東北の復興に一役買えれば言うことなしですね(*^_^*)

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可