我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系雑記 > 限りなく確定に近いオイラの2014年手帳


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

限りなく確定に近いオイラの2014年手帳

8月の中旬頃からポツポツと発売され始めた2014年版手帳。今後も手帳シーズンのピークに向けてさらに発売が続きユーザーを悩ませることと思いますが、個人的にはほぼ決まっております。


左から
NOLTY 能率手帳ゴールド

能率手帳ゴールドはもはや不動。ビミョーに値上げされてしまったのが残念ですが、今後もとんでもない価格にならない限り、または品質が落ちない限りは迷うことなく使い続けるでしょう。使い始めた当初はガントチャート式のマンスリーがうまく使えず「できればブロック式を」と望んでいたんですが、ここ2年の間にようやく自分なりの使いこなしができるようになりました。ですから仮にマンスリーのレイアウト(フォーマット)が選択できたとしてもガントチャート式を選びます♪

ペイジェム・カンタカルタ マンスリーアジェンダ(エンカウンター)
2014年版から新登場のカンタカルタ。これはその発表があった時に購入を決めました。マンスリーをメインレイアウト(フォーマット)とする手帳を買うというのはオイラ自身も想定していなかったのですが、こちらの記事に書いたように、とにかく魅力に溢れた手帳。基本的には女性をターゲットにしたシリーズですが、そんな手帳にオッサンが一目惚れしてしまいました。唯一迷っているのがゾウ(ファンタジー)にするかキリン(エンカウンター)にするかですが、やはりキリンの「つぶらな瞳」に勝るものはなさそうですねー(*^_^*)

エディット B6変型 リフィル
2013年はエディットとほぼ日手帳の両方を使いながら比較してみましたが、どうやらオイラにはエディットの方が向いていそうなので、2014年はそちらに絞ります。ただ、外装(カバー)には特に興味がありませんので中身のみ。2013年版のカバーを使うかもしれませんし、再びマスキングテープの刑に処すかもしれませんが、いずれにしてもリフィルだけを購入する予定です。

というわけで、2014年手帳への投資はトータルで8400円の予定。ほぼ日手帳を買わないことやエディットをリフィルのみにすることで安くあがるはずだったんですが、なんだだかんだで結局こうなっちゃうんだよなー(^_^;)

2013.9.18
エディット2014の新用紙が万年筆やゲルボールペンで裏抜けする?!

2013.9.21
「カンタカルタ」の発売日が10/1に決定しました♪

2013.9.22
2014年手帳を再検討中

2015.7.1
NOLTY公式通販サイトリニューアルにより、リンク先URLが変わりました。お手数ですが各商品情報はこちらから検索してください。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可