我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > 定形の用紙サイズがすぐに分かる「サイズカッター定規」


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

定形の用紙サイズがすぐに分かる「サイズカッター定規」

DSCN5365.jpg
クツワのサイズカッター定規(19センチ)。


DSCN5358.jpg
商品の特徴。


DSCN5384.jpg
縦読み目盛側はステンレス板付ですのでカッター作業が可。10センチの位置で白黒に色分けされており、用紙サイズ表示の青文字も見やすいです。


DSCN5371.jpg
横目盛は定規の端から測れるゼロスタート。深さや奥行きの測定に使えます。

ただ、深さや奥行きを測る時には縦目盛の方が読みやすいことも多いので、その辺の設計(デザイン)はもう少し検討して欲しかったですね。


DSCN5382.jpg
裏側の両サイドには滑り止めがあり、定規をしっかりと固定したいカッター作業の際には特に便利そうです。

というわけでこの定規。「サイズカッター定規」と名付けられていることからも、用紙の規格サイズにカットできる点が最大の特徴になると思います。ただオイラにはそうしたニーズはほとんどなく、それよりも規格サイズを「数値」としてではなく「大きさ」として知りたいことが多いので、そういう意味で活躍してくれそうです。

ちなみに「サイズカッター定規」は19/31/41/51センチの4種類のサイズがあり、今回は取り回しを考慮して19センチにしたんですけど、用紙の規格サイズを大きさとして調べるために使うのであれば、より多くのサイズに対応でき、普段の使用にも困らない「31センチ」にしておけばよかったなーとちょっと後悔しています(^_^;)

【クツワ】サイズカッター定規

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可