我流天晴

Home > 文具 > その他文具 > 普通のノートをスケジュール帳として使える「月間ブランクふせん」に密かな期待?


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

普通のノートをスケジュール帳として使える「月間ブランクふせん」に密かな期待?

デザイン、機能、多様性・・・。毎年あの手この手で差別化を図った手帳が市場を賑わし、オイラのような手帳好きは楽しませてもらっているわけですが、実際は手帳を趣味的に楽しむ人よりも、実用本位で(必要に迫られて)使っている人の方が多いのではないかと思います。


というわけで、こちらは「月間ブランクふせん」。曜日(月曜始まり)が印刷されているカレンダータイプの付箋で、普段使っているノートなどに貼り付けてスケジュール管理ができます。(付箋ですから別ページへの貼り直しも可能)

画像のとおり洒落っ気は皆無で手帳を趣味とする(楽しみたい)人は魅力を感じないかもしれませんが、とりあえず予定管理ができればよく、不要になれば捨ててしまう(過去を保管するつもりなどさらさらない)人にはうってつけなのかもしれませんね。

しかし改めて考えてみると、この手の商品は本当に実用派だけのものなんでしょうか?

例えば「お気に入りのノートを手帳として使いたい」と思っている人はかなり多いと思うんですよね。だとすれば、今回ご紹介した「月間ブランクふせん」には魅力を感じなくても、今後この手の(普通のノートを手帳に変身させる)アイテムがもっと増え、それぞれがあの手この手で差別化を図り、市場を賑わすようになってくれば、今とは別の手帳ブームが起こるかもしれません♪

まあそんなわけで、ぶっちゃけオイラも「月間ブランクふせん」そのものには魅力を感じていないのですが、これが新しい(もう一つの)手帳ブームのきっかけになったら面白いなぁと、密かな期待をしています(*^_^*)

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可