我流天晴

Home > 文具 > 2014年版手帳(ダイアリー) > 362/2(半年)手帳でお馴染みのブラウニーが、2014年版から「1年手帳」を追加します♪


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

362/2(半年)手帳でお馴染みのブラウニーが、2014年版から「1年手帳」を追加します♪

362/2(半年)手帳でお馴染みのブラウニーの手帳ですが、2014年版からA6サイズの「1年手帳」が追加されるとのこと。これまでこのブログでも「分冊しない方が使いやすい」との個人的見解を述べてきましたが、やはりそういう声が多かったんでしょうね。

ただ、あくまで主観ですけど、オイラは新製品の欠点(アラ)を探してしまう癖がありまして・・・。

まず、この「1年手帳」というのは正式名称なんでしょうか?
362/2(半年)手帳との繋がり(関連性)を持たせつつ、その違いをハッキリさせたネーミングという点では理解できますが、「1年手帳」であることはブラウニー内での大きな商品特徴であって、手帳のスタイルとしてはそれが当たり前ですからねぇ。362/2(半年)手帳もそうだったけど、「ヨコにもタテにも使える」ということを手帳名に関連付けていないのはもったいないと思うんですよねぇ。しかも昨年でしたっけ?そのレイアウトは特許まで取得しているわけですし、モレスキンが「ターンテーブルレイアウト」を採用した件もありますし。

また、サイズが「A6」であるという点。
手帳の適正サイズは人によって違いますから特定のサイズをいいとか悪いとか言えないんですけど、その手帳をどういう目的で使うかによって大筋では一致すると思うんですよね。

例えばブラウニー手帳の場合、これをどういう目的で使うでしょう。最近は手帳の使い方が多様化してますが、「ヨコにもタテにも使える(ホリゾンタル/バーチカル)ウィークリー」がメインの手帳となればやはり「スケジュール管理」が主体の使い方になってくるのではないでしょうか。そう考えた時、あえて362/2(半年)手帳とは異なるA6サイズを採用した点をどう評価するか。ま、362/2(半年)手帳ユーザーからA6の要望が多かったという可能性も否定できませんが、個人的には能率手帳(NOLTY/ノルティ)、モレスキン、そして362/2(半年)手帳のようなポケットサイズ(手帳サイズ)が最もバランスの良いサイズだと思うんですよねー。

と、あえて気になる点を挙げてみましたが、1年手帳をリリースしてくれたのは大変ありがたいこと。分冊手帳はブラウニーの看板でもあったわけですから。

というわけで2014年版手帳の情報もポツポツと出てきた今日この頃。個人的にはもう手帳に迷うことはなくなった(落ち着いた)のですが、こうやって新製品が出てくるのは楽しみですし、魅力的なものがあればそちらに鞍替えしないとも限りませんからね。今後も手帳情報は積極的に追いかけていきたいと思います♪

「ブラウニー1年手帳 2014年」ティザーサイトを公開しました

2013.9.8
モニターとしてブラウニーさんから「1年手帳 2014」が届きました♪

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可