我流天晴

Home > その他 > その他雑記 > 劣化の魅力


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

劣化の魅力

白紙のページが埋まっていく。
鉛筆が短くなっていく。
木や革が経年や使用によって変化していく。

こうした変化はある意味では「劣化」でもあるけれど、自分がやったことや過ごした(過ぎた)時間が目に見えて分かるわけで、これはたまらない魅力ですね。

オイラの身の周りにある「好きなもの」は、ほとんどこれに該当するような気がするなぁ。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可