我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系雑記 > 0.5ミリシャープを芯硬度で太芯化する


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

0.5ミリシャープを芯硬度で太芯化する

DSCN4790.jpg
以前にもご紹介している3B&4Bのシャー芯。そもそもこの硬度を買ったのは「柔らかさ」を求めてのことだったんですけれども、

DSCN4782.jpg
ご覧のとおり、0.5ミリでありながら0.7ミリや0.9ミリと比較しても線幅がほとんど変わらないのです。(芯の尖り具合、線と文字、筆圧などの条件によって多少の差は出ると思いますが)

まあ本来の線幅より太くなってしまうことは欠点にもなりますが、気に入ったシャープペンに0.7/0.9ミリがないことは意外に多く、そんな時には重宝するわけです。要するに0.5ミリシャープに3B/4Bを使うことで、ほぼ0.7/0.9ミリ化ができると。

というわけで、「濃さ」と「柔らかさ」に加えて「太芯化」もできちゃう3B&4B芯。柔らかい分だけ減りは早いですが、ご興味のある方はお試しください♪

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可