我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系雑記 > シャープペンシルにこだわりはありますか?


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

シャープペンシルにこだわりはありますか?

「一番好きなシャープペンは何ですか?」と聞かれても1本に絞るのは難しいですけど、メーカー的にはやっぱり「ぺんてる」が好きかなぁ。(もちろん他社のシャープペンでお気に入りの物もありますが)


DSCN4375.jpg
ってことで、手元にあったぺんてるシャープをざっと並べてみました。その時の気分や用途によって「マイ・ベスト」はころころ変わりますが、タフ・スマッシュ・グラフ1000・ケリーはゼッタイに外せない存在。ユーザー評価が高いグラフギア500はあまり使ってませんねー。個人的にはグラフ600の方が好きです。


DSCN4376.jpg
ちなみにこちらは今はなきメーカー「ニューマン」のシャープペン。

オイラの持ってるぺんてるシャープは現行品ですから、どちらかと言えば道具としての満足度が高いのですが、ニューマンはモノとしての満足度が高い。日本が高度成長期で元気だった頃のものですから、材料・金属加工技術等が惜しげなく投入されており、モノとしての価値を感じます。(ま、高度成長期は成金趣味の時代でもありましたがw)

写真からも分かるとおりシール等を剥がさずコレクション状態になってるものもありますが、左から3番目のモデルはお気に入りでよく使ってます。

こうして改めて見てみると、やはり「時代」を感じますねー。オイラの持ってるぺんてるシャープは現行品で、言い換えればコスト重視のモデルですけれども、それでも道具としての性能はしっかりと保たれてる。安価であるにもかかわらず性能は良くなっていたりもします。だけどモノとしての価値、つまり「所有する喜び」みたいなものがあるかというと・・・。

と、話が少し逸れましたが、今じゃ100円で買えてしまうシャープペン。しかも社会人になるとめっきり出番が減ってしまうシャープペン。そんなシャープペンをもう一度見直して、自分なりのこだわりを持って選んでみてはいかがでしょうか。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
スナフキンパパ : URL シャープペンシルはてばなせませんよね

#- 2013.03.08 Fri 20:50

私、シャープペンは0.3・0.5・0.9・1.3・芯ホルダーと使ってます
それぞれに特徴があって手放せません!

メモ魔 : URL

#WeLuLxW2 Edit  2013.03.09 Sat 08:56

確かに芯ホルダーの書き味は独特の滑らかさがあっていいですよねー。いずれにしても黒鉛芯の書き味は格別です♪
そんな中でもオイラが特にシャープペンシルに惹かれるのは、子供の頃の「憧れ」とそれを初めて買ってもらった時の「感動」があるからかもしれません(*^_^*)

小鳥遊 あゆむ : URL お気に入りとお蔵入り

#j2KS4BfU Edit  2013.03.11 Mon 02:23

メモ魔さんほどの筆記具マニアでもないので、持ち合わせは少ないのですが…。

一番好きなのは、S3ですね。安価なのにすごく書きやすいよくできたシャープペンシルだと思います。安いのに、芯の太さのバリエーションが揃うところもいいですね。絵を描いたり、ゆっくり書き物をしたいときはもっぱらこれ。0.3と0.5を使い分けてます。

あと、普段、急いでメモをとりたいとき用にはプレスマン。太めの軸で折れにくい。

以上が、現役で、活躍しているものたちです。

一方、お蔵入りになっているのは…。

太軸ははやりとかわいさに負けて、1.4の超太軸のラミーのABC。かわいさと持った感じの木のボディならではのぬくもりはきもちいいんですけど、太すぎて、何を書いているのかが見づらくて、今は、お休み中です。

定番のクラブギア(私の場合500のほうですが)も持っていますが、これ、長時間書いていると、どうにも疲れてしまい、ラバーグリップなどをつけても痛くなったので、これもお蔵入りとしています。

メモ魔 : URL

#WeLuLxW2 Edit  2013.03.11 Mon 10:40

S3は安くていいシャープペンですよねー。ご指摘のとおり、芯径が0.4ミリを含むフルラインナップであることも大きな魅力です♪

「お気に入りとお蔵入り」か。いいタイトルですね。
お気に入りがある一方で、残念ながらお蔵入りになってしまうものもあります。しかしお蔵入り無くしてお気に入りの存在はないですからねー。
人と自分を比べて羨んだり落ち込んだり、逆に高慢になったりするのはいただけませんが、本当に良い物(事)に辿り着くためには比較(経験)が必要。
そういう意味ではオイラのお蔵入りシャープペンもしっかりと役だってるんですね(*^_^*)

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可