我流天晴

Home > 文具 > 手帳・ノート > 2013年版マークスエディット(4月始まり)


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

2013年版マークスエディット(4月始まり)

早いもので1月も今日で終わり。明日はいよいよ2013年4月始まりの「ほぼ日手帳 spring」の発売日ですねー。

が、今日はほぼ日ではなく、そのライバルであるマークス「EDITEDIT-LITE」(4月始まり)のご紹介。

1月始まり手帳の発売日が年々早まる中、4月始まりは2月以降と固定化されているイメージだったんですけど、前倒し傾向は4月始まりにも波及したのか、いつの間にか4月始まりのエディットが発売されてました(^^ゞ

ざっと見たところカバーの種類が減っているようですね。まあ1月始まりに比べれば需要が少ないのでこれが当たり前なのかなと思いつつも、4月始まり専用に新しいカバーを用意するほぼ日はやっぱり流石だなと。「4月始まりユーザーをないがしろにはしませんよ」という姿勢を感じさせますもんねぇ。

ってことで、やはり「ほぼ日」か「エディット」かで迷っている方は多いんでしょうね。

ただね、両者が似ていると言っても、カバーの種類、本体サイズ、罫線といった明らかな違いがあるわけでして、最終的にはそういう「大きな違い」で判断するのがいいような気がします。細かい部分は使い始めてしまえばあまり気にならないというか、なんとかなっちゃいますからね。この1ヶ月間両方を使ってみてそう感じました。

もちろんカバーはほぼ日が良くて、サイズはエディットの方が良くて、といったようなことはあるでしょうけど、それは使う人がどちらを優先するかってことですからね。オイラは何とも言えませんけど(^_^;)

まあそんなわけで4月始まり手帳のユーザーさんにとっては悩ましい季節。ほぼ日とエディットだけに限った話ではありませんが、これにして良かったと思える手帳を選べるといいですね♪

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
774 : URL

#- 2013.02.01 Fri 10:16

私も4月始まりのユーザーですが,
やはり1月始まりと比べて冷遇されていると感じます
1月始まりなら良いのがあるのに, 4月始まり版がない
なんて毎年のことです

メモ魔 : URL

#WeLuLxW2 Edit  2013.02.02 Sat 11:24

実際のところ、1月始まりと4月始まりの需要の差は相当大きいですから、品揃えが変わってしまうのは仕方ないのかなと思います。
ただ、メーカーが「どちらのユーザーも大切に考えている」という姿勢であり、それをうまく伝えられれば、ユーザーの感じ方もだいぶ違ってくるのかもしれませんね。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可