我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系雑記 > 能率手帳ゴールドに使う筆記具は・・・


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

能率手帳ゴールドに使う筆記具は・・・

12月も半ばを過ぎ、2012年も残すところあと僅か。手帳の用意はほとんどの方が済んでいると思いますが、それ用の筆記具は決まりましたか?

オイラの過去手帳をめくってみると様々なペン種と色が使われているわけですが、これは何かルールがあってのことではなく、単にその時の気分。まあそれはそれで悪くはないんですけど、やはり新年に使い始める筆記具をどれにするかはオイラの中では重要ですし、それを考えるのはこの時期の楽しみのひとつでもあります。

特に能率手帳ゴールド用の筆記具ですねー。ほぼ日やエディットは趣味的に使う手帳なのでいいとしても、能率手帳ゴールドに使う筆記具には統一性を持たせたいわけです。

そんな思いで検討を重ねた末、能率手帳ゴールドには0.5ミリのシャープペンを使うことにしました。

今年の手帳にもシャープペンを使って書いていた時期があるんですが、見返した時に少々地味であることを除けば、オイラにとっては利点が多いんですよね。しかもシャープペンは気分によって軸を使い分けても、基本的には同じ筆記線が得られます。さらに厳密さを求めるなら同じ芯にすればいいだけ。つまり0.5ミリという限定をするだけで、あとはどのシャープペン(軸)を使っても構わないという、オイラにとっては最高のルールになるわけです(^^)v

ま、ベストな選択というのは人それぞれ違いますし、自分の中でさえもその時によって変わってしまうものですが、もともとシャープペン好きのオイラの選択としては妥当なところかな。

ちなみに2013年をどのシャープペンでスタートするかはまだ未定。自分にとっても「当日のお楽しみ」です♪

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可