我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > 色彩雫/iroshizuku 竹炭 いいわぁ♪


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

色彩雫/iroshizuku 竹炭 いいわぁ♪

DSCN3900.jpg
先日購入したパイロット色彩雫の「竹炭」。


DSCN3852.jpg
漢字バージョンと


DSCN3866.jpg
ひらがなバージョン。

万年筆はプレジールの中字(0.5)、紙はキャンパスルーズリーフ(さらさら書ける)ドット入り/A罫という廉価な組み合わせですが、裏抜けもなく(「たけすみ」の上の行にうっすらとある程度)、書き味もまずまず。オイラのような雑記用途なら十分に満足できます。もちろんもっといい万年筆と紙を使えばより素晴らしい書き味なんでしょうが、日本の文具は廉価な「普及品」でも高性能ですね。改めてそう感じました。

さて、道具の件はさておき、インクの感想。

オイラは万年筆インクを評するほど経験を積んでいるわけじゃないですし、ソムリエのような表現力もありませんけど、この「竹炭」はいいですよぉ。何がいいってね、和なんですよ。「和な黒」。

もともと色彩雫は「日本の美しい情景」をテーマにしたシリーズですけど、この「竹炭」は日本人にしかイメージできない、そして感じられないであろう風情のある黒なんです。「侘び寂び」というのとは少し違うかもしれないけど、とにかく日本人ならではの感性があってこそ、その良さが伝わる色。ちょっと大げさに言えば「竹炭」の感触さえ伝わってくるような色です。そしてこれがニブや筆圧等の諸条件によってもビミョーに変化するわけですよ。たまりまへんなぁ(´q`*)

と、いくら熱弁を振るったところで、こればかりは実際に使ってみないと分からないと思うんですけど、たぶんこのインクから「和」を感じることができるのは日本人だけじゃないかなぁ。ですからこれで、山頭火だとか相田みつをだとか、日本人の感性に満ちた言葉を書き留めたりしてもいいかもしれませんね。

ってことで、これでオイラが持ってる色彩雫シリーズは「霧雨」と「竹炭」の2色となったわけですが、こうなると遅かれ早かれ「冬将軍」も買ってしまいそうです。どうもこの時期は万年筆がマイブームになっちゃうんだよなー(^_^;)

パイロット 万年筆インキ 色彩雫/iroshizuku 竹炭
パイロット 万年筆インキ 色彩雫/iroshizuku 霧雨
パイロット 万年筆インキ 色彩雫/iroshizuku 冬将軍

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
BOSS : URL

#- 2012.11.09 Fri 22:53

いい色ですねぇ・・・言葉に表しにくいですが、黒とは違う良さがありますね!
でもこれ以上インクを増やすと、ローテーションが追いつかない・・・

メモ魔 : URL

#WeLuLxW2 Edit  2012.11.10 Sat 10:38

写真以上にいい色なんですよぉ~(*^_^*)
風情がありながらもしっかりした色なので、細字でも使えると思います。
ローテーションをやりくりしてぜひ~♪

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可