我流天晴

Home > 文具 > 手帳・ノート > 色彩雫「竹炭」とキャンパスバインダー〈スマートリング〉を買いました♪


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

色彩雫「竹炭」とキャンパスバインダー〈スマートリング〉を買いました♪

DSCN3845.jpg
妻の買い物に付き合ったついでに買ってきました♪

【パイロット】色彩雫「竹炭」
【コクヨS&T】キャンパスバインダー〈スマートリング〉
【コクヨS&T】キャンパスルーズリーフ(さらさら書ける)ドット入り/A罫/B5

先日の記事にも書いたように、万年筆インクはセーラーの「エピナール」も気になっていたんですが、何だかんだで結局は黒系インクに戻ってきてしまうというこれまでの経験もあり、とりあえず色彩雫の「竹炭」を買ってきました。ただ、それでもやっぱり「エピナール」は気になりますし、同じくセーラーの「グレナーデ」ってのも捨て難い・・・。なのでいずれはそれらも買う日が来る可能性は高いなぁ。

「キャンパスバインダー〈スマートリング〉」は万年筆用の雑記帳として買ってみました。似たようなタイプの商品としてLIHIT LAB./リヒトラブの「ツイストリング・ノート」ってのがあって、それだとオイラの第一希望であるA5サイズも選べますし、機能面でもいいところがあるんだけど、穴数が特殊なので一般的なルーズリーフ用紙が使えませんからね。その時点でアウトです。収容可能枚数もツイストリング・ノートの方が多いのですが、保存には更に収容枚数の多い別バインダーを使うつもりなので気になりません。

で、リフィルとして買ってきたのはさらさらタイプのキャンパスルーズリーフ〈ドット入り/A罫〉。万年筆ユーザーさんの「普段使い」として耳にすることも多いこのルーズリーフにもいくつかのタイプがありますが、オイラは文字の間隔やバランスが良くないのでドット罫、万年筆での筆記が前提ですからA罫を選びました。

というわけで、この記事を書いた後はさっそく竹炭で書いてみますよ~♪
(レビューはしばらく使ってからする予定)

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可