我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系雑記 > 木軸ペンの完璧すぎるラインナップ(自己満)


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

木軸ペンの完璧すぎるラインナップ(自己満)

DSCN3827.jpg
ジェットストリーム(SXR-80)に換装していた野原工芸の太軸ボールペンを、デフォ芯である「BRFN-10F」に戻しました。もうずいぶん前になりますが、BRFN-10FのインクがA-inkからアクロインキに変更になりましたよね。それがBRFN-10Fに戻した理由です。

オイラがこのボールペンを購入した当時のBRFN-10FはまだA-inkで、それがA-inkの初体験だったんですが、とにかくギラギラした発色と、乾きの悪さが嫌で・・・。他社製の互換芯も見当たらなかったので、こりゃもう部品交換でシャープペンにしてもらうしかないかなと思ってたわけです。

そんな中、形状こそまったく違うものの、寸法的にはほぼ同じ「SXR-80」をダメ元で試したところバッチリ!クリンプ代わりのテープを巻くだけで、カットや延長もせずに使えることを発見。以来、ずっとジェットストリームで使ってきたわけです。(BRFN-10Fをデフォ芯とするモデルのすべてにSXR-80が使えるというわけではありません)

しかしパイロットさんはオイラのそんな苦労も知らず、BRFN-10Fのインクをアクロインキに変更。これがまた特にアナウンスすることもなくひっそりと。しかもBRFN-10Fという型名のまま、A-ink仕様の旧リフィルを回収するわけでもなく・・・。そうなると切り替え直後の市場にはA-ink仕様とアクロインキ仕様のBRFN-10Fが混在するわけで、105円の替え芯とはいえ、買う方はギャンブルですよね。そんなわけで交換が延び延びになり、今日に至ったと。

そんな経緯でようやくアクロインキになった野原の太軸ボールペンですが、遠回りした甲斐のある書き心地。ジェットストリームとはまた違った滑らかさで書きやすいです(*^_^*)

ちなみにジェットストリームインクは、野原ボールペンの細軸でスタイルフィット用リフィルが使えるので問題なし。下記のとおり、夢のような木軸ラインナップを実現したわけです(^^)v

DSCN3707.jpg
というわけで、現在の木軸ラインナップと装填芯。

上から
【パイロット】レグノ シャープペンシル ブラウン/0.5ミリ/ぺんてるAin 4B
【野原工芸】パープルハート シャープペンシル 細軸/0.5ミリ/ぺんてるAin 3B
【野原工芸】桑 ボールペン 細軸/三菱シグノ/0.38ミリ/ブラウンブラック
【野原工芸】板屋楓(鱗杢) ボールペン 細軸/三菱シグノ/0.38ミリ/ブルーブラック
【野原工芸】木曽檜 ボールペン 細軸/三菱ジェットストリーム/0.5ミリ/ブラック
【野原工芸】マーブルウッド(漆仕上げ) ボールペン 太軸/パイロットアクロインキ/0.7ミリ/ブラック

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
774 : URL

#- 2012.10.28 Sun 12:52

何度見ても漆の軸は羨ましいです

メモ魔 : URL

#WeLuLxW2 Edit  2012.10.28 Sun 15:34

774さん
オイラが知る限りでは、昨年、一昨年の5月末から6月頃の期間限定で漆仕様に対応してくれてたんですが、今年はやらなかったみたいですね。(「漆風呂」を解体したというような話を、ブログで読んだような気がします)
来年以降、再び漆風呂を作って対応するかどうかは分かりませんが、時期を見計らってウェブサイトやブログをチェックしてみるといいかもしれませんね♪

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可