我流天晴

Home > その他 > > 紙もの好きは要チェック!「水縞とつくる紙文具」


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

紙もの好きは要チェック!「水縞とつくる紙文具」


水玉好きのデザイナーと縞模様好きの文具店主による、ちょっぴりビターな文房具ブランド「水縞」。クラフト紙やグラシン紙でつくった封筒や便せん、わら半紙のカレンダーなど、紙の手触り感と独特なデザインで人気のブランドです。

この本では、水縞の商品やものづくりを紹介しながら、それらの素材にひと手間加えたオリジナル文具の作り方を紹介しています。封筒を重ねてつくる蛇腹のファイルなど、簡単にできるオリジナル文具のつくりかたを手順写真とともに解説。そのほか、水縞のものづくりを紹介するコラムやひとコマ漫画など、楽しいコンテンツももりだくさんの一冊です。

巻末には、水縞の商品で実際に使われているのと同じ紙素材(タイのクラフト紙、グラシン紙、日本のマーブル紙、わら半紙)を挿入。切り取って素材としても使えます。

一冊まるごと水縞の世界観と紙素材を楽しむビジュアルブック。アジのある紙雑貨が好きな方におすすめです。
Amazonより引用)


上記のような内容で、11月6日に「水縞の本」(水縞とつくる紙文具)が出るようです。

様々なメーカーの様々な文具を掲載したムック本や雑誌が乱発される中、最近は特定のメーカー(ブランド)だったり、更にはその中の特定のアイテムに的を絞った内容の本が増えてきました。こうしたタイプの本は、そのメーカー(ブランド)なりアイテムに興味がなければスルーされがちですが、個人的には「ものづくりに対する姿勢」のようなものに興味があるので、アイテム自体に直接的な興味がなくても、雑多な内容のムック本や雑誌より好きなんですよねー。

女性を中心に「紙もの」の人気がアップしているようですし、ご興味のある方はチェックしてみてください。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可