我流天晴

Home > 文具 > 筆記具 > クルトガ用の替え芯、その名も「クルトガ替芯」(そのまんまw)


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

クルトガ用の替え芯、その名も「クルトガ替芯」(そのまんまw)

三菱鉛筆のシャープペンシル「クルトガ」は芯が回ってトガり続けることが特徴であり、人気の要因でもあるわけですが、そのクルトガ用に開発されたシャー芯(替え芯)が11月16日に発売されるそうです。その名も「クルトガ替芯」。そのまんまですねw

「外側が硬く、内側がやわらかい」従来の芯とは逆の「内側が硬く、外側がやわらかい」構造によって、内側は削れにくく、外側は削れやすくなり、その結果トガりやすく、しかもなめらかに書くことができるんだそうです。

ただ、芯径は「0.5ミリ」、硬度は「HB/B」ということで、今回のラインナップに0.3ミリはありません。技術的なことは分かりませんが、従来芯とは逆の構造ですので、その辺が関係してるのかな?ちなみにケース色は各硬度に3種類(ピンク・ブルー・ブラック)が用意されており、同日発売の「クルトガ ラバーグリップ付」と同じカラーラインナップとなっています。

まあオイラ自身はクルトガを使うことはそんなにないんですけど、妻がヘビーユーザーですので、発売されたら試しに買ってみようかな。オイラ自身も従来芯とどれだけ違うのか興味がありますし。

新開発!トガりやすくなめらかな芯『クルトガ替芯』(プレスリリース)

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可