我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > 2013年版365/2手帳(半年手帳)レビュー(ヨコにもタテにも使えるレイアウトについて)


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

2013年版365/2手帳(半年手帳)レビュー(ヨコにもタテにも使えるレイアウトについて)

前記事からの続きです。

今回は手帳の中身。「特許」を取得した「ヨコにもタテにも使えるレイアウト」について。最初にこちらの記事でお断りしたとおり、「365/2手帳(半年手帳)の概要」をあらかじめ理解していただいていることを前提としたレビューですので、紙面や記入例はこちらを参照していただくとして、このレイアウトはいいです。ヒジョーにいいです♪

しかしこの「ヨコにもタテにも」ってのは、実は既にやっていた人も多いんじゃないでしょうか。例えば野帳とか、オイラなら能率手帳のガントチャート式マンスリーとか。でもね、ヨコであれタテであれ、自分の都合に合うどちらかに固定して使ってた人がほとんどなんじゃないかと思うんです。ですからオイラも最初は、このレイアウトを「バーチカル派にもホリゾンタル派にも対応」という意味で捉えていたんですよね。

ところが365/2手帳(半年手帳)の「ヨコにもタテにも使えるレイアウト」ってのはそういう意味ではなかったんですね。いや、もちろんそうやって使ってもいいんですけど、例えば仕事とプライベートの予定をヨコとタテで使い分けるとか、自分と家族の予定で使い分けるとか、要するに書き込む内容によってヨコ・タテで「区別する」ことを提案したレイアウトだったわけです。特にオイラはペンによる「色分け」ってのをほとんどしないので、なるほどこうやって区別する方法もあるのかと、月並みな言葉ですけど「目からうろこ」でしたね。

まあレイアウト的にはね、この手帳が発売される前からやってた人もいるぐらいですから、特に驚くような特殊レイアウトってわけではありません。ただ、ほぼ日手帳並みに細かいところに気がきいてます。例えば時間記入欄にあらかじめ印刷された「:」。こんなものは自筆してもたいした手間ではありませんが、特にヨコ使いした時には時間軸がありませんから、「:」があることによって「なるほどここに時間を書けばいいんだ」ということが自然とわかりますし、仮にそれがたいしたメリットではなかったとしても、こういうさりげない(邪魔にならない)小技は好きですw

また、この手帳は方眼罫を採用していますが、これが「ヨコにもタテにも使えるレイアウト」にベストマッチ。もともと方眼罫は汎用性が高く、人気もあるので、特にこれといった理由(目的)もなく採用されることも少なくありませんが、365/2手帳(半年手帳)は「方眼が活かされている」という印象。

自慢じゃないけどオイラは「発想力」が乏しいんですよね。今使ってる手帳もごく普通にしか使ってないし、そのことに不満もなく、新しい方法を見つけようとする「向上心」もないんです。だからこそ奇抜なアイディアよりも基本性能を重視した手帳を選ぶんですけど、この「ヨコにもタテにも使えるレイアウト」が提案する「ヨコタテの併用」ってのは奇抜なようであって実は実用的だと思いました。

というわけで、「分冊について」では厳しい評価をさせてもらいましたが、「ヨコにもタテにも使えるレイアウト(特許取得)について」は高評価。従来の基本とは異なりますが、これもまたひとつの基本スタイルになりうるレイアウトだと思います。

さて、次回はいよいよ総評です。文字主体の長い記事が続き、飽きちゃった方もいらっしゃるとは思いますが、ここまできたら最後までお付き合いくださいw

2012.10.16
2013年版365/2手帳(半年手帳)レビュー(総評)

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可