我流天晴

Home > 文具 > 手帳・ノート > エイ出版社の文房具ブランド「エイステーショナリー」の2013年ダイアリー「SOLA」とノート2種


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

エイ出版社の文房具ブランド「エイステーショナリー」の2013年ダイアリー「SOLA」とノート2種

「趣味の文具箱」等でお馴染みのエイ出版社。その文房具ブランド「エイステーショナリー」なんてものができたんですねー。自分じゃ本を買わないので知らなかった・・・(^^ゞ

で、なんですか?ノートだけではなく、いきなり2013年版ダイアリー4種も出しちゃったそうじゃないですか!


エイステーショナリー A5サイズ SOLA 2013年 ダイアリーソフトカバー 見開き1週間バーチカル式


エイステーショナリー A5サイズ SOLA 2013年 ダイアリーソフトカバー 見開き1週間レフト式



エイステーショナリー A5サイズ SOLA 2013年 ダイアリーハードカバー 見開き1週間バーチカル式


エイステーショナリー A5サイズ SOLA 2013年 ダイアリーハードカバー 見開き1週間レフト式

ってことで、特殊紙のソフトカバーとクロス張りのハードカバーのそれぞれにバーチカルとレフト式が用意され、すべてA5サイズとなっとります。



左がバーチカル式で、右がレフト式のレイアウト。(クリックで拡大できます)

バーチカルは各曜日に均等なスペースが割り当てられていますが、右端にメモスペースを設けているので、その分1日あたりのスペースがやや狭くなります。(と言ってもベースがA5サイズですので、必要十分なスペースは確保できているのだと思いますが)

また、レフト式も時間で区切られており、ホリゾンタルバーチカルといったところでしょうか。いずれも標準的なバーチカルやレフト式とは少し違った仕様となっています。

本文用紙には「バンクペーパー」を使用。100年以上もの歴史を誇る三菱製紙が、1960年に銀行向けに開発した伝統的な筆記用紙だそうです。「趣味の文具箱」でお馴染みのエイ出版社ですから、たぶん万年筆との相性も十分に考慮しての選択なのでしょう。

というわけで今回は2013年版ダイアリー「SOLA」をご紹介しましたが、ダイアリーと同シリーズの「SOLA ノート」と、編集者の目から見た使いやすい機能性を盛り込んで、上質の紙と製本で作ったという5mm方眼ノート「EDITOR'S CHOICE」もありますので、ご興味のある方はチェックしてみてください。

【エイステーショナリー】2013年版ダイアリー/ノート

2012.10.15
【エイステーショナリー】2013年版ESダイアリーも入荷しました。
ESダイアリーには、1日1ページタイプや、A6・B6サイズもあります♪

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可