我流天晴

Home > 文具 > 筆記具 > シャープペンシルコレクションその55 ぺんてる STEIN/シュタインシャープペンシル(P315)


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

シャープペンシルコレクションその55 ぺんてる STEIN/シュタインシャープペンシル(P315)

画像 006
8月にご紹介していたぺんてるのSTEIN/シュタインシャープペンシル。実はその後すぐに購入していたんですが、なんやかんやで記事化するのが遅れてしまいました。

シュタインシャープペンシルは、0.3ミリがクリア系の5色、0.5ミリがメタリック系の5色をラインナップしてますが、オイラが買ったのは0.5ミリのブラック。相変わらず面白みがなくてスイマセン(^_^;)

画像 015
このモデルの場合、六角形の穴が開いた金属グリップが一番の特徴ということになるんでしょうかね。スリーブは固定式の4ミリですが、パイロットS3やロットリングのティッキーと同様の位置付け。特に「製図用」として位置付けられたものではありません。


画像 022
特にどうということはないロゴ部分w

総合的な評価としては、そうですねぇ・・・至ってフツーです。固定式だからぐらつかないし、4ミリスリーブの利点は得られるし、軽いから取り回しやすいし、これといった不満はないです。が、同クラスのS3やティッキー等と比べて特に優れている点があるわけでもない。ですから、ぺんてるのシャープが好きだとか、グリップを含めたデザイン面で気に入ったとか、新しいシャープペンを見るとつい欲しくなってしまうとか、そういうのがなければ、あえてこれを選ぶ理由もないかなーというのが正直なところ。「限定」ってわけでもなさそうですし。正直オイラもどうしても欲しかったというよりも、300円だし一応買っておくかって感じですから(^^ゞ

ってことで、お好きな方はどーぞといったところでしょうか。なんかすごく投げやりなレビューですけど、決して悪いシャープペンではありません。このクラスは各社のおいしいシャープペンが揃っているゾーンでもありますから、その中でフツーというのは決して悪い評価ではないのです(^_^;)

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
株の資金 : URL

#- 2012.12.16 Sun 15:19

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可