我流天晴

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 文具 > 手帳・文具系レビュー > 2013年版「EDIT/エディット」を買いました♪


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • スポンサーリンク

2013年版「EDIT/エディット」を買いました♪

DSCN3601.jpg
こちらの記事で白状したとおり、2013年版EDIT/エディットを買っちゃいました。(買っちゃってました)


DSCN3645.jpg
数ある種類の中からオイラが選んだのは「Fit/フィット」のブラック(右)。同じく2013年のほぼ日手帳に使うカバー「システミック」(左)と色やデザインを統一するのが目的です。ちょっと白っぽく写っちゃいましたが、実物はどちらも真っ黒。1枚目の画像のような黒です。

ご覧のように「Fit/フィット」にはゴムバンドがありませんが、オイラの場合は「貼りつけ」はほとんどしないし、外へも持って行かないので、開閉がラクな「ゴムバンドなし」の方が好都合。


DSCN3608.jpg
縦寸がカバーと同サイズのポケットと、


DSCN3610.jpg
後ろ側には小ポケットとペンホルダーも。


DSCN3605.jpg
縫製もしっかりしてます。


DSCN3651.jpg
ほぼ日手帳のデイリーページとの比較。サイズの違いはもちろんですが、「日々の言葉」の有無も筆記スペースの大きな差となりますね。

用紙はどちらも「トモエリバー」だと思うんですけど、EDIT/エディットの方は公式な発表や記載を見たことがないので断言はできません。この間出た公式ガイドブックには載ってるんですかね?2012年版のユーザーレビューでは、インクによっては「ほぼ日手帳よりもやや滲む」みたいなのを見たような気がするので、仮にトモエリバーだとしても「マットタイプ」と呼ばれるものなんでしょうか。オイラもまだ試し書きをしてませんから本当のところはよく分かりませんが、決して悪い紙ではなさそうなので、個人的にはこれが何という紙であろうが気にしてません。

ちなみに手帳本体のページ内容はオンラインマークス等でも確認できますし、そっちの方が画像もキレイですから省略。その代わりというわけではありませんが、「オイラがなぜEDIT/エディットを買ったのか(選んだのか)」について、自分のための覚書という意味も含めて書いておこうと思います。

2012年の手帳として使っている「能率手帳ゴールド」と「ほぼ日手帳(オリジナル)」は早くから継続を決めており、既に2013年版も購入済み。そこに「EDIT/エディット」を買えば、2013年手帳は3冊となり、しかも1日1ページタイプの手帳を2冊使うことになります。果たして使いこなせるのか。

しかし
①ほぼ日手帳では書ききれない日が増えてきた。かと言ってカズンは大きすぎる。
②ほぼ日手帳とエディットを併用(使い分け)できそうな計画が立った。
③EDIT/エディット自体がどうしても気になっていて、一度使ってみないと気が済まない。
という理由から購入に踏み切りました。

中でも③の理由が一番大きいような気がしますねー。もちろん①も②も本当のことですけど、「③ありきの理由では?」と問われれば、完全否定はできないかも(^^ゞ

御存知のとおりオイラはこういうブログをやってますから、毎年手帳シーズンになると興味のある手帳をピックアップして紹介しています。だけどその「興味」というのは「手帳としてよくできてるな」とか「面白い試みだな」ということであって、自分が使うという視点で見た場合には候補にすらならないものもたくさんあります。(もちろんそれが手帳自体の優劣という意味ではなく)

そんな中でEDIT/エディットは昨年からとても気になっていた手帳で、どうしても頭から離れなかったのです。

確かに使うアテもない手帳をただ「気になる」というだけの理由で買って、結局使いこなせずにムダにしてしまうのはもったいない。だけど実際に使ってみないとその手帳の本当の良し悪しはわからないですから、「一応」であっても計画が立つのならば試してみるのが正解かなと。買わなかったことをいつまでも後悔し続けるほど気になっている手帳なのであれば尚更。

1日1ページの手帳もね、書きたいことを好き勝手に書ける「何でも帳」的に言われることが多いですけど、特定の事柄(テーマ)に特化した「専用手帳」としてもアリだと思うんですよね。1冊の手帳にすべてを集約するか、用途によって分冊するかとか、そういうのも人それぞれ違いますからね。そういうのに縛られると窮屈になる。「自分が好きなように」使えばいいだけのことです。

というわけで、オイラの2013年手帳は「能率手帳ゴールド」「ほぼ日手帳(オリジナル)」そして「EDIT/エディット」の3冊体制でいくことにしました。9月中に全部揃っちゃったので待機期間は長いですが、その間にじっくりと計画をシミュレーションしながらデビューに備えたいと思います。

EDIT 2013
能率手帳 2013
ほぼ日手帳 2013

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
aojima : URL EDIT派です!

#- 2012.11.13 Tue 23:26

こちらのブログで掲載されているほぼ日とEDITのサイズ比較写真を、私のブログ記事で引用させていただいてもよろしいでしょうか。

ちなみに私はほぼ日手帳の余計な飾り的要素が受け付けず、去年1年EDITを使ってその魅力にどっぷりです。

メモ魔 : URL

#WeLuLxW2 Edit  2012.11.14 Wed 10:59

aojima様
お問い合わせいただきましてありがとうございます。

写真の転載につきましては、転載した写真の横または下部に
「この画像は手帳とノートのブログ管理人に許可を得たうえで転載しています」という文言を入れていただき、
文言中の「手帳とノートのブログ」部分を
http://techoutonote.blog55.fc2.com/blog-entry-1403.html#comment364
へのテキストリンクにしていただれば、使用していただいて構いません。

以上、お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。