我流天晴

Home > 文具 > 手帳・ノート > HIGHTIDE/ハイタイド 2013年版手帳(ダイアリー)


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

HIGHTIDE/ハイタイド 2013年版手帳(ダイアリー)

手帳(ダイアリー)の発売時期は年々前倒し傾向にありますが、単に発売時期が早くなっただけではなく、いろいろな始まり月のものが増えてきましたね。ま、ライフスタイルが多様化していることもあるでしょうが、いわゆる青田刈り的な狙いもあるのかもしれません。実際、始まり月が何月であっても、次年度末まで使えるようになっているものがほとんどですし。

というわけで今回ご紹介するのはHIGHTIDE/ハイタイドの2013年版ダイアリー。種類の多さだけでなく、始まり月が10月と12月の2タイプであることが特徴です。


そんなHIGHTIDE/ハイタイドのダイアリーの中で、個人的にいいなと思ったのは「クラシックレコーズ」。ブランドは「PENCO」になるみたいですね。

この「クラシックレコーズ」は「NXタイプ」の中の1アイテムで、12月始まりのA5サイズ。大学ノート風のデザインが施された「紙表紙」ですが、クリアカバーによって汚れやヘタリ対策をしています。手帳本体のメインフォーマットはレフト式ウィークリーで、これにブロック式マンスリーや年間スケジュールページ等を備えた標準的なもの。但しウィークリーページの仕様は個性的なので、ここは好みの分かれるところかもしれません。

で、もしもオイラがこれを使うとすれば・・・
やっぱり2冊収納タイプのノートカバーを使って、ツバメノートとペアで使いたいですねー。表紙デザインやサイズもそうですが、クラシックレコーズの表紙にある「ボールペンを持ったペンギン」ね。これとツバメーノートの「ツバメーマーク」を組み合わせない手はないでしょ。あ、カバーに収納しちゃうとどちらかの表紙は見えなくなっちゃうんで、単純に2冊持ちする方がいいのか? ま、方法はどうあれ、オイラが使うとすれば、とにかくツバメノートとのペアで使いたいですねー。(カバーを使用する場合には寸法のチェックなど、収納可能かどうかをご自身でチェックして下さい)

というわけで今回は「クラシックレコーズ」をピックアップしてご紹介しましたが、HIGHTIDE/ハイタイドの手帳はとにかく種類が多いので、下調べなしに店頭チェックをしようとしてもわけが分からなくなっちゃうんですよね。なのであらかじめそのラインナップをチェックし、候補を絞り込んでから店頭チェックに望んだほうがよろしかと思います。

HIGHTIDE/ハイタイド 2013年版手帳(ダイアリー)
HIGHTIDEの2013年版、注目は2種類の予定を記入できるダブルマンスリー(誠 Biz.ID)

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可