我流天晴

Home > 文具 > 手帳・ノート > MARK'S EDIT 2013(その3 マグネット・フラップ/マザーハウス)


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

MARK'S EDIT 2013(その3 マグネット・フラップ/マザーハウス)

引き続き2013年版「EDIT」(エディット)のご紹介。

今回は「マグネット・フラップ」と「マザーハウス」。どちらも2013年版から登場のニューモデルです。


まずこちらが「マグネット・フラップ」。

その名のとおりマグネット留めのフラップカバーを採用したモデルで、ペン挿しやPP素材のスリットなど、機能性の高さが特徴。ただ、フラップカバーなので手帳本体の太り具合によっては収納が困難になること、マグネット式なので磁気を嫌うものの収納には適さない(注意が必要)など、使い方がある程度限定されるカバーだとも言えそうです。



そしてこちらが「マザーハウス」。

アジアの途上国において現地の素材を使い、現地で生産する商品を企画・販売する「マザーハウス」とのコラボモデルで、バングラデシュで手づくりされた「本革パイピング付ジュート(麻)製カバー」を採用しています。ざっくりとした風合いの麻と本革パイピングのコンビネーションは、カジュアルでありながらも軽過ぎない「大人の遊び心」って感じでいいですねー。

ペンホルダーや留め具等のないシンプルなカバーですので、収納力や機能性を求める方には向きませんが、余計な機能を持たないスマートなカバーを求める方には良さそう。個人的にはこういうシンプルなカバーの方が好みです。

というわけで、今回は2013年版「EDIT」(エディット)のニューモデルの中から、「機能性を高めたカバー」と「シンプルなカバー」のモデルをピックアップしてみました。次回は一体型タイプ2種の紹介を予定しています。

EDIT-LITE 2013 一覧
EDIT 2013 一覧
マークスダイアリー 2013 一覧

2012.9.5追記
公式ガイドブックが出ました!
DAILY PLANNER EDIT 毎日をクリエイティブにする「1日1ページ」手帳術(ONLINE MARK'S)
Amazonでチェックする方はこちら(記事執筆時点では未登録)

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可