我流天晴

Home > 文具 > 手帳・ノート > MARK'S EDIT 2013(その2 storage.it by EDIT/Yoshitomo Nara/Ninadeji)


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

MARK'S EDIT 2013(その2 storage.it by EDIT/Yoshitomo Nara/Ninadeji)

2013年版「EDIT」(エディット)のトップニュースといえばその1でご紹介したB7サイズの「EDIT-LITE」(エディット-ライト)ということになりますが、そうはいってもEDITのメインモデルはやはりB6サイズ。2013年版では更にラインナップを充実させ、2012年版の6シリーズから12シリーズ(60種類)になりました。

というわけで今回は「storage.it by EDIT」と、それをベースにした「コラボモデル」をご紹介。


まずこちらが「storage.it by EDIT」。
小物収納に便利な「スライドジッパー付き塩ビ製カバー」が特徴で、マークスダイアリーを代表するお馴染みのシリーズですね。2013年版EDITにも引き続き採用され、さらにこれをベースとした「コラボモデル」が追加されています。


こちらは奈良美智さんとのコラボモデル「Yoshitomo Nara」。
この独特の雰囲気を持つ絵は「奈良美智」を知らない人でもご存じの方が多いと思います。「storage.it × 奈良美智」のコラボモデルは、マークスダイアリー内のモデルとしては既存でしたが、2013年版ではEDITにも採用されました。



そしてこちらが蜷川実花さんとのコラボモデル「Ninadeji」(ニナデジ)。
同名の写真集があるみたいなので、その写真を採用しているのかな?ま、詳しいことはよくわかりませんが、華やかさ(鮮やかさ)が目を引くモデルですね。

ちなみにこの「Ninadeji」(ニナデジ)も、EDITでは今回初めて採用されたわけですが、以前からマークスダイアリー内にはあったんですかね?個人的にはその辺の記憶がないんですけど、2013年版ではEDIT以外のシリーズにも採用されています。

冒頭でも述べたとおり、今回ご紹介したモデルは図柄の違いこそあれ「スライドジッパー付き塩ビ製カバー」であることが特徴。そしてこれは好みが大きく別れる要素でもあります。しかしこのカバーはマークスダイアリーを代表するものですし、実際にファン(リピーター)の多いモデルでもありますから、欠かすことのできないシリーズとして位置付けられているのだと思います。

*記事内で使用しているB6・B7表記は変型サイズです。汎用カバー等をご検討の方はご注意下さい。(以下リンクよりご確認下さい)

EDIT-LITE 2013 一覧
EDIT 2013 一覧
マークスダイアリー 2013 一覧

2012.9.5追記
公式ガイドブックが出ました!
DAILY PLANNER EDIT 毎日をクリエイティブにする「1日1ページ」手帳術(ONLINE MARK'S)
Amazonでチェックする方はこちら(記事執筆時点では未登録)

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可