我流天晴

Home > 文具 > 筆記具 > 【セーラー万年筆】プロフィットジュニア(透明軸/限定)


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

【セーラー万年筆】プロフィットジュニア(透明軸/限定)

限定 透明軸 万年筆 プロフィットジュニア MF(中細) カートリッジインク付属 11-9924-3

セーラーから発売されたプロフィットジュニア。最近のスケルトン系万年筆というとプラチナ万年筆の#3776ブルゴーニュとか精進が話題に挙がることが多いけど、オイラのように万年筆の使用頻度が低いライトユーザー(なんちゃってユーザー)にはコッチの方が断然気になります。

万年筆の透明軸が人気なのは、やっぱりインクの色が見えて視覚的に楽しめるからなんですかね。モデルによっては機構が見えるというのもあるのかな。万年筆に限らず、基本的にオイラは本体が透明ってのはあまり好きじゃないんですが、ここ数年やたらと目にする機会が増えたせいか、なんとなく気になってきました。「慣れ」というのは恐ろしいものです(^_^;)

相性、なんて言葉を使えるほどいろんな万年筆を比べたことはないけど、オイラはセーラーの1000円万年筆「ハイエースネオ」が結構気に入っていて、またインクもセーラーの「ジェントルインク」が好き。ってことでセーラーとの相性がいいのかななんて勝手に思ってるんですよね。ですから今回の「プロフィットジュニア」はそういう意味でも気になります。

ついこの前、クリアキャンディを夏用万年筆として云々・・・って記事を書いたばかりですが、プロフィットジュニアも良さげだなぁ。まあどっちにするか迷う以前の問題として、そもそも新しい万年筆を買うかどうかの問題があるんですけど(^^ゞ

ちなみにプロフィットジュニアは一応「限定」なんですよねぇ。何ででしょう?レギュラーモデルにしてくれればいいのに・・・。

セーラー万年筆 特別生産品 プロフィットジュニア

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
ckblove : URL ハイエース好き発見!

#p98HL1Ms Edit  2012.07.06 Fri 19:43

はじめまして。

ぴったんこカンカンを観ながらまったりしていたら、ふと、「ハイエースネオ好きの人がブログに何か書いているんではないか?」と思い、検索の一発目でこちらを発見した者です。

いいですよね。ハイエースネオ。

僕は、東急ハンズで緑の軸のものしか残ってなかったので、それ使ってます。2年くらい使ってるでしょうか。

基本、多色ボールペンですが、気分によって、鉛筆だったり、シャーペンだったり、ハイエースネオだったり、使い分けています。

万年筆は、原則として“裏書き”はNGみたいですが、ハイエースネオは安いので、ガンガン使っても抵抗はありません。僕は、線を引いたり、〇で囲ったりする時は裏書きしてます。サッって感じで細く線が引けるので。強弱もつけられますし。インク代も節約できますし。

高い万年筆を使ってる人は、書き味のやわらかさなども重視しているようで、安い“鉄ペン”は書き味がカリカリしてどうも好きでない、という声も少なくないですが、ボールペンを普段使っていて、たまにハイエースネオを使うと、十分“やわらかい”ですよね。鉛筆で書くときのように、ほっこりした気分になります。

僕は、ハイエースネオを、廃版になるまでなるまで使い続けるつもりです。

ただ実は、僕の親父は万年筆を集めるのが唯一の趣味で、1本うん万円の高級品を多数所有している模様。親父が死んだら、不謹慎ですね(笑)、万年筆だけは譲ってくれないかな、なんて密かに思っています。

けど、やはりハイエースネオは良い!!!

僕もスケルトンにすればよかったな。

メモ魔 : URL

#WeLuLxW2 Edit  2012.07.07 Sat 13:19

ckbloveさん、はじめまして。複数の記事にコメントをいただきましてありがとうございます。横着な性分なので、こちらでまとめてレスさせていただきます (^^ゞ

同じ分野の趣味を持っていても考え方は人それぞれ。そんな中、当ブログに興味を持っていただけたのはうれしいこと。お時間のある時にでもまた覗いていただければ幸いです♪

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可