我流天晴

Home > 文具 > 筆記具 > 今更ですが「BRFN-10F/30F」がA-inkからアクロボールインキになってたんですねー


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

今更ですが「BRFN-10F/30F」がA-inkからアクロボールインキになってたんですねー

パイロットの油性ボールペンリフィル「BRFN-10F/30F」のインキがA-inkからアクロボールインキになってたんですね。かなり前の話らしいですが、オイラは昨日TwitterのTLを見ていて初めて知りました。ってことはあれですかね、A-inkは消滅ってことですかね?ま、確かにアクロボールインキの登場によって、A-inkはビミョーな位置付けになってましたからねぇ。

A-inkといえば野原工芸の太軸ボールペンのデフォインク(BRFN-10F)でもあるんですが、オイラはどうしてもA-inkに馴染めずジェットストリームに換装して使ってます。なのでアクロボールインキになったのであれば・・・。

しかしどうなんでしょうねぇ、同じ型番のままで中身だけを変えちゃうっていうのは・・・。

個人的にはA-inkが苦手なので、それがアクロボールになったのは嬉しいこと。だけどA-inkの入った旧BRFNリフィルを回収したわけではなく順次変更というパターンだから、市場には両方が出回ったわけですよね。ざっと調べたところによれば、2012年2月製造のBRFN-10Fがアクロボールインキだったという情報はあったけど、新旧を判断する有効(確実)な手段はないらしい。変更からかなりの時間が経ってるとはいえ、回転の悪い店だとまだA-inkバージョンの可能性も否めない。

って、そりゃないんじゃないの?ロゴやデザインの変更ではなく、まったくの別物を同じ型番で同時に流通させるのは反則でしょ。装填できればいいってもんじゃないでしょ?旧BRFNユーザーが混乱しないようにするため?いやぁ、これはそういう問題じゃないよなぁ。中身の違うものが同じ型番で流通してる方が混乱を招くでしょ。

というわけで、A-inkからアクロボールインキになったことは歓迎しつつ、オイラにとってはアクロボールがいいというよりもA-inkが嫌いということだし、変更の仕方が気に入らない。となると野原ボールペン(太軸)の次期リフィルに採用するか否か・・・。ジェットストリームには何の不満もないしなぁ。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
ckblove : URL ジェットストリームとアクロボール

#41Ya9s7c Edit  2012.07.06 Fri 20:03

僕の中では、多色ボールペンはジェットストリーム4+1(0.5ミリ)、黒単体ではアクロボール0.5が最高傑作です。

本当はアクロボール4+1があればそちらを購入していたのですが。

しかし、あれですよね。黒単体でアクロボール0.5とジェットストリーム0.5って、どちらも最高で、甲乙つけがたくないですか?
アクロボールに出会った時に感激して、リフィルを10個以上買いだめしているので、僕のアクロボール生活は当面の間、続きます。
しかし、試しにと、あとから100円ショップでジェットストリーム0.5を買って、たまに使うんですけど、これもいいペンだなぁと。

あとはデザインの好みなんでしょうかね。

たま~に、僕の中で、アクロボールとジェットストリームがせめぎ合ってます(笑)。

長文、失礼しました。

これからもちょくちょく読ませていただきます。では。

メモ魔 : URL

#WeLuLxW2 Edit  2012.07.07 Sat 13:22

複数の記事にコメントいただきましたので、まとめてレスさせていただきました。
http://techoutonote.blog55.fc2.com/blog-entry-1318.html#comment322

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可