我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > ファーバーカステルのシャー芯を使ってみました


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

ファーバーカステルのシャー芯を使ってみました

DSCN1740.jpg
半年程前に買ったファーバーカステルのシャー芯を使ってみました。使い惜しみしてた割には500円のラピッドに入れるという結果になりましたが(^^ゞ

ファーバーカステルは鉛筆も芯ホルダも、そしてシャーペンさえも使ったことがないので、書き味はまったくの未知だったんですけど、シャー芯に関して言えばサラサラ系って感じになるのかな。ファーバーカステルに対する先入観もあってか、「鉛筆テイスト」のシャー芯のように感じちゃったりして。ま、普段は2B芯を使うことが多いので、今回のBがそう感じただけなのかもしれない。

で、こちらの芯は12本で252円(税込)。一般的なシャー芯と比べればものすごく高いわけですが、価格だけを見ればそれほど負担になる額ではない。それに12本あればそこそこの期間使えますし、その辺の判断は人によってそれぞれでしょう。

ただ個人的にはわざわざ高いお金を出してまでこの芯にこだわる理由がないので、リピートすることはないだろうなぁ。そもそもこれを買ったのは、期限間近のポイント消費が目的でしたから(^_^;)

【FABER-CASTELL/ファーバーカステル】スーパーポリマーシャープ用替え芯

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可