我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系雑記 > 自分の身体を測量して野帳に記録する


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

自分の身体を測量して野帳に記録する

夏が近くなってくるとあちこちで目(耳)にするダイエットの話題。最近はいろんな方法がありますね。だけどどんな方法でダイエットするにしても、それを成功させるためには共通の条件があります。それは「モチベーション」。そしてそのモチベーションをキープするために必要なのが「記録」だと思うんです。

さて、そのダイエット記録をどんなふうにするか。たぶん多くの人はPCやスマホ用のアプリを使うんじゃないでしょうか。でもね、オイラに言わせるとそれじゃダメなんだなー。もっと手間をかけるっていうか、自分で記録していかないとモチベーションってのはキープできないんです。

そこでおすすめなのが測量野帳。測量屋は当然として、今では文具好きの間でも定番アイテムとなった測量野帳が、ダイエット記録に適したフォーマットになってるんですねー。で、測量野帳というとほとんどの方が「スケッチブック」を使ってると思うんだけど、ここではオイラが測量屋時代に嫌というほど使った「トランシット」がオススメ。

最近は体重計ではなくて体組織計とかいって、体重の他にも体脂肪率やらBMIやらいろんなものが測定できますよね。それらの項目を横軸(列)に書き、縦軸(行)には日付を入れるわけです。一番右の列には目標体重との差を入れてもいいかもしれない。で、右側のページには食べたものやその日の感想を書いてもいいけど、体重の推移をグラフにするのが一番いいかも。視覚的に把握するってのは大事ですからね。

ちなみに「レベルブック」になると右ページが横罫になるので、内容によってはコッチの方が向いている人もいるかな。いずれにしても一日一回、自分の手で書くってのが大事なんです。それによって自然と何かを考える。その意識がモチベーションを保つんです。せっかく無料で使えるアプリがあるのにわざわざ手書きするのは面倒だし、見た目もダサいかもしれない。だけど楽をして目標達成しようとしてもうまくいかないもんですよ。てかそれ以前に、その根性が気にいらないw

というわけで、今回はダイエットを例にして紹介しましたけど、測量野帳ってのはスケッチブックだけじゃありませんよと。トランシットやレベルブックは継続的な記録に適してますよというお話でした。

【KOKUYO/コクヨ】測量野帳

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可