我流天晴

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 文具 > 手帳・文具系雑記 > 軸とインクで「ペン」になるんです


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • スポンサーリンク

軸とインクで「ペン」になるんです


野原ボールペン(桑)のインクがなくなったので早速交換。ここ何回かはスタイルフィット用のリフィル(シグノ/ブラウンブラック/0.38ミリ)を使ってます。すっかり飴色に変化した軸とブラウンブラックインクの相性はバッチリです♪

実はシグノのブラウンブラック自体はもう何年も前からキャップ式のプラ軸(UM-151)を持ってたんですが、ほとんど使ってなかったんです。そっちの方がインク量が多くて安上がりだし、もちろん色も気に入ってるのに。

やっぱりね、軸とインク(芯)でペンなんです。どちらかに不満があると良いペンにはならない。そういう意味ではボールペンは一番難しい(厄介)ですよね。ですから野原工芸の細軸ボールペンにスタイルフィット用のリフィルが使えるのを発見した時には狂喜しましたよ。(クリンプ代わりのテープを巻くだけの加工)

まあこれから先、気分であったり、買い足す軸との関係によってインクの変更はあり得ますけど、シグノとジェットストリームが使える野原の細軸ボールペンは外せません(*^_^*)

野原工芸ではスタイルフィット用リフィルを互換芯としていませんので交換は自己責任となります。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
: URL

#- 2012.06.26 Tue 19:58

サイズだけ見ると, プレフィールのリフィルも使えそうですが, どうでしょうか?

メモ魔 : URL

#WeLuLxW2 Edit  2012.06.26 Tue 22:31

もともとこのボールペンのデフォ芯はK-0.7でしたので(現在はUK-0.7)、プレフィール用のサラサ&スラリのリフィルもクリンプさえ作ってやれば使えると思います。(実際に試してないので断言はしませんが)

個人的には使いたい色がないので今のところ交換の予定はありませんが、ジェットストリーム&シグノに加え、サラサ&スラリまでもが使えるようになったことは大きいですね♪

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。