我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > 【追記】野原工芸 ヒノキのシャープペン


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

【追記】野原工芸 ヒノキのシャープペン


昨日ご紹介した野原工芸の細軸シャープペンですが、その後新たな発見(と言うほどのことではないけど)がありましたので、追記的な記事としてアップしておきます。

さて、2年前に購入したシャープペンとは内部メカが異なることは既にお伝えしましたが・・・


実はペン本体の「全長」にも差がありました。(ゴールドorシルバーは購入時の選択によるものです)

これは金具(口金と軸上下の黒金具)のサイズ違いによるもの。まあメカが変わってるんですから、それに伴って金具が変更されていても不思議ではないですよね。メカ変更の方に気を取られていて、金具(全長)が変わったことについてはまったく気付きませんでした。また、新しい金具のサイズは細軸ボールペンと同じで、これによってボールペンとシャープペンの全長が同じになったわけです。(それが狙いだったのかな?)

ちなみに木軸部分の長さと軸径は旧メカモデルと同じですし、これはボールペンとも共通。ですから野原工芸さんにお願いすれば、使い込んだお気に入りの軸を使って「MP⇔BP」という変更も可能なのです。(基本仕様が異なる一部旧モデルは除く)

以上が新たな発見点(ね、たいしたことじゃなかったでしょw)。尚、昨日の記事も含め、一連の言及はすべて「細軸」シャープの話ですので誤解のないようお願いします m(__)m

それでは最後に、今回オイラがヒジョーに気に入った木目をアップして終わります (*^_^*)


クリップ側は下矢印「↓」のような木目であるのに対して、


裏側は上矢印「↑」のような木目。

(*´Д`)=3ハァ・・・ため息が出ますねぇー。
でも、ヒノキのいい香りを堪能するためには吐いてちゃダメなんです。吸わなきゃ!ww

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可