我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系雑記 > グラフ1000とスマッシュの比較


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

グラフ1000とスマッシュの比較

このブログも3年以上やってるので記事数も1000を超えているんですが、いわゆる人気記事っていうんですかね、訪問数の多い記事ってのがありまして、それがグラフ1000スマッシュ。訪問者がその記事に満足しているか否かは別として、結構古い記事の割にはアクセス数が多いんですよね。

やっぱりアレですかね、どっちにしようか迷ってる方が多いんでしょうかね。それともコレと決めたモデルの評価を求めてのことなんでしょうか。そんなわけで今回は、グラフ1000とスマッシュを比較してみようと思います。

まずグラフ1000。オイラが「シャープペンってこんなに違うのか!」と驚き、シャープペンにハマるきっかけになったモデルです。このモデルの特徴はやっぱりバランスの良さでしょうかねぇ。重量バランスの良さはもちろんなのですが、重量そのものが絶妙なんですよねー。クセがないんです。また、製図用ということもあって芯径が豊富だっていうのも長所ですね。人によっては短所になり得る点を挙げるとすれば、軸がちょっと長めで細いことかなぁ。あとF3構造のグリップもラバーグリップの一種ではあるので、それが嫌な人はいるかも。ま、それはスマッシュも一緒ですけどね。

で、スマッシュの方はと言うと・・・うーん、こっちもやっぱりバランスの良さなんだよなー。ただ個人的な感想としてはスマッシュの方がダイレクト感があるかな。グラフ1000の方がマイルドな書き味のような気がする。軸径や長さもこっちの方が標準的だと思います。グリップは同じくF3構造ですがスマッシュの方がゴツゴツしてますので、ここは好みの分かれるところでしょうね。慣れの問題もあると思いますけど。

結局、好みの問題は別として、明らかな違いは芯径のラインナップですね。ご存知のように現在スマッシュには0.5ミリしかありませんから、それ以外の芯径を望むのであれば必然的にグラフ1000になるわけでして・・・。なので個人的には0.4ミリ(または0.7ミリ)のグラフ1000と、0.5ミリのスマッシュってのがいいのかなーなんて思います。実際オイラは両方0.5ミリにしちゃったんでちょっと後悔してるんですよね。ま、そのおかげで純粋な比較はできたんですけど。

というわけで、どっちがいいかというのはヒジョーに難しいところなのですが、今のオイラならスマッシュ0.5ミリとグラフ1000の0.4ミリって組み合わせにすると思います。ちなみにスマッシュは4ミリスリーブで芯硬度表示もありますけど、ぺんてるのカタログ上では一般筆記用として分類されているんですよね。ですから仮に0.5ミリ1本で考えるのであれば、純粋な製図用にこだわるか否かってのも選択基準になり得るかもしれません。

【ぺんてる】スマッシュ Q1005-1(0.5ミリ)
【ぺんてる】グラフ1000 PG1004(0.4ミリ)

2014.2.16追記
ぺんてるのスマッシュとグラフ1000の関係性と違いが明確!

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可