我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > シャープペンシルコレクションその41 NEWMAN/ニューマン ステンレスグリップチェック柄シャープペンシル


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

シャープペンシルコレクションその41 NEWMAN/ニューマン ステンレスグリップチェック柄シャープペンシル

スミ利さんの古いコラムを読んで以来、ずーっと気になっていたNEWMAN(ニューマン)のシャープペンシル。既になくなってしまったメーカーであることもそうですが、今となってはほとんど見かけなくなったペン軸の柄やその技法にはヒジョーに興味があったわけです。


というわけで遂に手に入れた初NEWMAN(ニューマン)がこちら。

「ステンレスグリップチェック柄シャープペンシル」です。と言っても、これはショップが表示していた商品名なので、正式な名称や型名などは不明ですm(__)m

一本の軸にストライプとチェックの2種類の模様があるという珍しさ(一粒で二度おいしい)と、当時の定価で買える(当時、消費税はありませんでしたが)という点でこのモデルを選んでみました。



軸の上半分にはストライプ柄。

これはプリントではなく刻みに墨入れがしてあるという手間のかかったもの。こういう作りが昔の日本製の良さですねー。ちなみに写真ではうまく写りませんでしたが、クリップのセンターラインも黒くてカッコイイのです。



そして下半分がちょっと変則的なチェック柄。もちろん上部と同じ加工が施されていて、それがすべり止めにもなっていると。ちなみにスリーブは固定式です。



ロゴはシンプルですが、文字部分が浮き彫りになっているので高級感があります。また、わざわざ写真は撮りませんでしたが、内部メカも当然金属製でございます(^^)v

毎度言ってるように、廃番モデルにばかり価値があるわけじゃありませんが、やっぱり今じゃ見かけない、というか無理だろうという手のかかった作りであることは大きな魅力ですね。

ちゃんとした写真を見たい方のためにも購入したショップのリンクを張っておきますが、オイラ自身も今後もう何本か欲しいので、なるべく買わないで下さい。いや、マジで(^^ゞ

あ、最後になりましたが、書き味もいいですよ~♪(でも買わないでねw)

【NEWMAN/ニューマン】ステンレスグリップチェック柄シャープペンシル(今回買ったモデル)
【NEWMAN/ニューマン】シャープペンシル一覧

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可