我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > Standardgraph/スタンダードグラフ ショートタイプ2ミリ芯ホルダー(シャープペンシルコレクションその36)


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

Standardgraph/スタンダードグラフ ショートタイプ2ミリ芯ホルダー(シャープペンシルコレクションその36)


「一目惚れ」というほど大げさなものではありませんが、無駄のないデザインとサイズ感が気に入ったので買ってみました。【Standardgraph/スタンダードグラフ】ショートタイプ2ミリ芯ホルダー(ドロップ式)です。

分度器さんの説明によれば、「【KOH-I-NOOR/コヒノール】ショートタイプ芯ホルダー VERSATIL 5228」や「【KOH-I-NOOR/コヒノール】ショートタイプ2ミリ芯ホルダー5228・ノーマーク」と同一形状のものだとのこと。オリジナルがどのメーカーなのかは分かりませんが、探せば他にも同一形状のものがあるのかもしれませんね。


クリップ付近に「STANDARDGRAPH」のロゴがあり、それ以外の文字やマークは一切ありません。モデルチェンジにより以前よりもロゴが小さくなっているんだそうですが、個人的にはこっちのロゴの方が控えめで好きです。


内蔵芯の硬度は不明ですが、かなり硬くて薄かったので手持ちのuni芯/HBに交換。(貧乏性なので元の芯もとってありますがw)


サイズはこんな感じ。キャップをした状態のケリーよりやや短く、キャップ無しケリーよりはちょっとだけ長いです。ショートサイズなので携帯やメモ書きに便利なのはもちろんですが、標準的なサイズよりも短いことが筆記上のデメリットになっている感じはなく、かえってバランスがいいぐらいですので、メインでも十分に使えます。

ただ、クリップは気になりますね。取っちゃおうかと思ったんですが、6角軸にかしめてあるのでスライドすると塗装を削ってしまいそうですし、かしめた部分を広げてしまうと再装着は難しそう・・・。なので本当にクリップが不要なのかがハッキリするまではこのままにしておこうと思います。

というわけで、「何となく感じるものがあった」というだけの理由で買った芯ホルダーでしたが、内蔵芯とクリップの件を除けば十分に満足。買って正解でした(^^)v

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可