我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > セーラー かきかたえんぴつ「おてほん」(シャープペンシルコレクションその35)


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

セーラー かきかたえんぴつ「おてほん」(シャープペンシルコレクションその35)


こちらは2011.10.08の記事でご紹介したセーラーのかきかたえんぴつ「おてほん」。2ミリ/6B芯のノック式芯ホルダー(シャープペン)です。

この時は店頭にあった3色のうち、この黄軸を1本だけ買ってきたんですが、


今日、久しぶりにその店(100円ショップ)を覗いてみたらまだ売れ残ってたので、もう2色も買ってきました。

実はこの芯ホルダー(シャープペン)、オイラはわりと気に入っていて結構使ってるんです。それに1本100円で買える芯ホルダーってなかなかないですから何本か持っててもいいかなと。今日買い足した軸には別硬度の芯を入れてもいいですしね。


こんな感じで書けます。太くてやわらかいので、画数の多い漢字は苦手ですが、かな(カナ)やアルファベットは気持ちよく書けますし、漢字ももっと大きく書けばなんとかなります。まあそうは言っても事務的用途には向きませんから、6B芯ならではの書き味を楽しむことが主な目的です。


筆跡のアップ。このね、色鉛筆の黒で書いたみたいな筆跡がおもしろいんですよねー。今回はロディアに書いてますが、例えばMOLESKINEのようなちょっとザラついた紙のほうが味が出ます。(オイラは普段「ダイスキン」に書いてますw)

筆記感というかタッチも独特なんですよねー。大げさに言えばクレヨンで書いているような感じかな?クレヨンのような筆記感と色鉛筆のような筆跡。これがまた癖になる気持ちよさと面白さなのです。なのでオイラはあえて芯は削らず(尖らせず)にそのまま使っております。

*ちなみに前回の記事ではシャープペンシルコレクションとしてのナンバーリングをし忘れちゃってたみたいなので、今回の記事を「その35」とさせていただきました。m(_ _)m

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可